文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

コラム

安易な処方疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

東京都練馬区 パート 63

 飲食店で働く娘が定期的に受けている細菌検査でサルモネラ菌が検出され、陰性になるまで自宅待機となった。自覚症状はなかったが、急を要すると思い、日曜日に当番医を受診した。検査結果を知らせる紙を見た医師は、2週間分の抗菌薬(抗生物質)を処方した。

 翌日、念のため、かかりつけの病院で検査を受けると、結果は陰性だった。この病院の医師は「軽症だと数日で自然治癒することもある。自覚症状がないのだから、しばらく様子を見ればいい。食品関係者とはいえ、どうしてすぐに抗菌薬を処方したのだろう」と首をかしげた。

 抗菌薬は悪い菌だけでなく、体に良い菌まで殺してしまうため、安易な処方に疑問を持ったようだ。娘は幸い、薬を飲む前だった。セカンドオピニオンの大切さを実感した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

安易ではなかったのかも

miikun

本来、症状がないのなら、検査や治療の対象になりません。 一方、飲食店に復職するためになんとか除菌したい、という要請も理解できます。 抗生物質を飲...

本来、症状がないのなら、検査や治療の対象になりません。

一方、飲食店に復職するためになんとか除菌したい、という要請も理解できます。

抗生物質を飲んだ方が早く除菌できるのか、それとも、善玉菌を減らしてかえって除菌を遅らせてしまうのかについては、未だ明確な答えがありません。

従って、今回のケースは、医師によって対応が分かれると思います。

日曜日の当番医は、抗生物質での除菌を頼まれて、それに応じた経験があったのではないでしょうか。「医学的にはやや疑問があるけれど、早く職場復帰してもらうには仕方がない」と、ためらいながらも処方したのかも知れません。

そうでなければ、抗生物質を投与せずに検査を繰り返すという、後の医師のようなシンプルな対応になるでしょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事