文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精神科医・松本俊彦のこころ研究所

コラム

「死にたい」と向き合う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私は薬物依存症の治療や研究を専門とする精神科医ですが、実は、昨年度までのおよそ10年間、自殺予防に関する研究や啓発の仕事もやっていました。

 だからというわけでもないですが、今回は、わが国の自殺対策の進歩と課題について、私なりの考えを述べたいと思います。

「自殺」と言えるようになった

 わが国おいて、2006年に自殺対策基本法が制定されたことは、画期的な出来事でした。それまで国や自治体にとって努力目標にすぎなかった自殺対策が、この法律ができたことで、義務規定となったわけですから。以来10年間、国内各地で様々な対策が講じられ、結果として、最近6年間は、自殺者数が減少し続けています。

 一体、どの対策が効果的であり、何が変化したのでしょうか?

 正直なところ、私にはわかりません。ただ一つだけ、確実な変化を実感していることがあります。それは、「自殺」という言葉を口にしやすくなったことです。かつては多くの人が「自殺」という言葉を口にすることを怖れ、ためらっていたように思います。

 今でも忘れられないのは、10年前、自殺対策の講演を依頼されたときのことです。主催者側は私に、「演題名に『自殺』という言葉を使わないでほしい」「講演は自殺の話ではなく、うつ病の話を」などと注文をつけてきました。どうやら主催者側は、「自殺」は 禍々(まがまが) しい言葉と捉え、その言葉が人びとを不快にさせるのを危惧したようです。

 実は、この手の依頼は一度や二度ではありませんでした。

 しかし、その後数年間で状況は一変しました。現在、国内各地で「自殺対策」「自殺予防」と銘打った講演会など、様々な啓発事業が展開されています。今や「自殺」は禍々しい言葉ではなくなり、目を () らさずに向き合うべき課題となったわけです。

 これは好ましい変化です。というのも、「自殺」という言葉を忌避する社会では、追い詰められた人は「死にたい」という言葉でSOSを出すこともできないからです。

 人は、追い詰められるほど、「死にたい」と言えなくなります。それは、告白を軽く受け流されたり、安易な励ましや説教をされたりするのを怖れるからであり、自分の告白が場の空気を白けさせ、相手を悩ませることを危惧するからです。

「死にたい」といえる関係性

 興味深い研究があります。総合病院の救命救急センターに過量服薬による自殺企図で入院した患者190人の追跡調査です(Ando S, et al. One-year follow up after admission to an emergency department for drug overdose in Japan. Psychiatry Clin Neurosci, 2013)。この研究は、東京都医学総合研究所の安藤俊太郎先生たちが行ったもので、私もお手伝いをさせていただきました。

 この研究の対象となった自殺未遂患者のうち、退院後1年間に再度の自殺を試みた方は42.4%でしたが、安藤先生らはこのような再企図を予測する要因を分析しました。その結果、再企図者の多くが、意識障害から回復後に医師が発した、「まだ死にたい気持ちがありますか」という質問に、「ない」と回答していたことがわかったのです。

 この結果をどう解釈すればよいのでしょうか。「死にたいと言わない人ほど自殺」し、その裏返しとして、自殺にまつわる間違った迷信、「死ぬという奴にかぎって死なない」の正しさを間接的に示しているのでしょうか。

 まさか、まさか。

 おそらく自殺未遂患者は、何らかの苦悩が、解決困難な問題があったから、その行為におよんだのでしょう。ですから、救命救急センターでの治療によって意識が回復しても、依然として苦悩や問題は存在し、「死にたい気持ち」も残っていたはずです。

 それなのに、彼らは「死にたい気持ち」を否定したのです。要するに、これは、「私にかまわないでくれ」「あなたには心を開かない」「あなたに自殺を止められたくない」という意思の表れではないでしょうか。反対に、医師に「死にたい」と訴えることができた患者は、それがSOSとして伝わり、退院後に自殺をせずにすんだと言えないでしょうか。

 この研究が示すのは、自殺予防の重要なヒントです。つまり、自殺予防に必要なのは「死にたい」といえる人間関係であり、さらには、「自殺」という言葉から目を背けず、追い詰められた人が「死にたい」と言える社会であるということです。

「死にたい」と向き合う医療

 しかし現状では、医療関係者の「死にたい」への対応能力には、まだ多くの課題が残されています。

 救命救急センターのソーシャルワーカーからこんな話を聞いたことがあります。

 そのワーカーは、最近ある精神科病院が自殺対策に力を入れるようになったという (うわさ) を聞き、自殺未遂患者の入院をお願いしたそうです。ところが、なぜかにべもなく断られました。不審に思って理由を尋ねたところ、次の回答が返ってきたそうです。「院内での自殺事故防止のために、いっときも目を離せないような自殺リスクの高い患者については、入院をお断りしています」。

 要するに、その病院の自殺対策とは、あくまでも院内に限局した対策だったのです。これでは、病院職員の精神衛生はよくなるかもしれませんが、逆に地域には、適切な治療を受けることができない自殺リスクの高い人が、行き場を失ってあふれてしまいます。

 また、かつてある患者は、私にこんな愚痴を漏らしました。

 ――通院先の精神科クリニックの先生に「死にたい」って訴えたら、「自殺の危険がある人はうちでは診ることができない。入院しなさい」と突き放された。それで、精神科病院を紹介してもらったら、今度はそこの先生から、「入院するにあたって、まずは、何があっても自殺しないと約束してください」と迫られた。誰一人として、「なぜ私が死にたい気持ちになっているのか」を聞こうとしてくれませんでした……。

 わが国の自殺対策の課題は明らかです。基本法制定後の10年で、「自殺」という言葉を忌避しない、「死にたい」と言える社会が作られました。次の10年の課題は、それをさらに進めて、「死にたい」に対応できる医療体制の整備です。

 その意味で、わが国の自殺対策は、「総論」の時代から「各論」の時代へと突入したと言えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumoto-kokoro300-300

松本 俊彦 (まつもと・としひこ)

 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長

 1993年、佐賀医科大学卒業。横浜市立大学医学部附属病院精神科助手などを経て、2004年に国立精神・神経センター(現、国立精神・神経医療研究センター)精神保健研究所 司法精神医学研究部室長に就任。以後、同研究所 自殺予防総合対策センター副センター長などを歴任し、2015年より現職。日本アルコール・アディクション医学会理事、日本精神科救急学会理事、日本社会精神医学会理事。

 『薬物依存とアディクション精神医学』(金剛出版)、『自傷・自殺する子どもたち』(合同出版)、『アルコールとうつ・自殺』(岩波書店)、『自分を傷つけずにはいられない』(講談社)、『もしも「死にたい」と言われたら――自殺リスクの評価と対応』(中外医学社)、『よくわかるSMARPP――あなたにもできる薬物依存者支援』(金剛出版)、『薬物依存臨床の焦点』(同)など著書多数。

精神科医・松本俊彦のこころ研究所の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

死にたいを受け止める

あるはは

 「教師が教室で子供たちを扱うのと同じように子供たちは友達を扱う」という内容の文章をどこかで目にして感銘を受け、お名前で検索してこの記事に行きあ...

 「教師が教室で子供たちを扱うのと同じように子供たちは友達を扱う」という内容の文章をどこかで目にして感銘を受け、お名前で検索してこの記事に行きあたりました。
 わが子が学校に居場所が無くて家にいます。
 だんだん自尊心も回復してきましたが、私に「死にたい」ともらします。
 本人が一番辛いのは重々承知していますが、私も悲しい。
 「辛いんだね。」と返す日もあれば「あと八十年ほどお待ちください。」とボケてみる日もありますが、時々はカウンセラーにかかることを勧めます。
 まだその時ではないのか、首を縦には振りません。
 この記事を読んで私が救われました。
 「死にたい」と言ってくれていることがありがたいこと。
 私を信頼してくれているから言ってくれているのなら、少し受け止める気持ちに余裕が生まれます。
 受け止めたり、受け流したりしながら、子供の気持ちが前向きになって行くのを希望として感じていこうと思うことができました。
 ありがとうございます。

つづきを読む

違反報告

松本先生は

田舎の精神科医

松本先生の患者さんの経験、もしそれが事実であるとするなら、大変遺憾です。 しかしあまり主治医と患者さんの関係がよろしくなかったケースなのかな、と...

松本先生の患者さんの経験、もしそれが事実であるとするなら、大変遺憾です。
しかしあまり主治医と患者さんの関係がよろしくなかったケースなのかな、とも推察します。
医療機関での自殺についての訴訟が相次いでいますから、時期によっては腰の引けた対応を取らねばならないこともあったかと思います。

救命救急センターのソーシャルワーカーのケースもまた、あまり熱意のある対応とは感じられません。
が、開放病棟しかないような精神科病院もたくさんありますから、そのような医療機関ではせいぜい院内での自殺予防に努めるのが精一杯、ということもあるでしょう。

松本先生は講演会でも他の医療機関の対応を批判なさることが多いですが、その背景や個々の医療機関の事情についても、限られた字数の中で難しいのかもしれませんが、もう少し想像されても良いのではないかと思います。

その上で先生のお勤めの医療機関での対策や、先生個人が心がけていらっしゃることをお書きになられるなら素晴らしいと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事