文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

生後当日の虐待死 どうすれば減らせるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ロンドンバスのおもちゃで遊ぶ息子です

ロンドンバスのおもちゃで遊ぶ息子です

 あまり曜日感覚がなかったのですが、世間はシルバーウィークなのですね。今日で息子は生後10か月になりました。つかまり立ちから手を離すと2秒くらいは自立しています。ひとり立ちまでもうすぐです。食欲がすごく旺盛で、食卓を囲んでいると自分だけ違う食事であることに怒って えています。最近は娘が、弟がパクパク食べるのを面白がって離乳食を食べさせてくれるので、娘にお任せして親はご飯をゆっくり食べています。汚れが激しいのが難点ですが……。

3歳以下が9割、0歳も半数超え

 先週(9月16日)、厚生労働省が2014年度の虐待死の検証結果を公表しました。亡くなった18歳未満の子どもは71人で、無理心中を除くと44人でした。3歳以下が9割近くで、0歳が27人で半数を超えました。そのうち15人は生後0日での虐待死だということです。

 加害者は実母が28人で一番多く、実父が3人でした。亡くなった44人の子どもの実母のうち、「望まない妊娠」だったのは24人。生後0日の虐待死15人のうち、14人の母親は「望まない妊娠」で、11人は母子手帳ももらわない「未受診妊婦」でした。

 この結果をもとに、「欲しくないのにセックスをして妊娠するからこういうことになる」「妊娠について無知であることが原因だ」という感想を持たれる方も多いと思います。義務教育や家庭教育でバースコントロールについて十分に教えられているとは言えないため、そういう考えも成立します。

 ですが、たとえ知識があっても低用量ピルやアフターピルは安価ではなく、医療機関を受診しないといけないため、女性が避妊法にアクセスしやすいとは言えないのが日本の現状です。こちらは1万円は下らないというアフターピルの価格を下げるなど、改善の余地がかなりあると思います。

支援の手にどうつなぐか

 望まぬ妊娠をしても、人工妊娠中絶が可能な週数で医療機関を受診したり、間に合わない場合は妊婦健診を受けたりすれば、ソーシャルワーカーや行政へつなぐきっかけとなり、なるべく安全な施設での出産や、育児支援、乳児院への入所、養子縁組など何らかの対処で、虐待死という最悪な結果は免れることができると思います(妊婦さんの社会的背景も問診してフォローするという意識のある医療機関を受診した場合ですが)。でも、医療機関を受診しないままだと、私たち周産期医療がサポートを届けることはできません。

 大阪府の にんしんSOS など予期せぬ妊娠をした女性の相談窓口を設け、アクセスしてもらおうという試みもなされていますし、厚生労働省も同様の事業を始めるとのことです。しかし、幅広く周知されるのはなかなか難しい上に時間もかかるでしょう。予期せぬ妊娠をした人が誰かに相談することのハードルの高さもあります。妊娠したことを認めたくないあまり、お なか が大きくなるまで月経が来るのを待っている、ということも珍しくありません。

望まぬ妊娠をさせた男性にも責任を!

 避妊へのアクセス、妊娠した女性の相談窓口へのアクセスは必要ですが、妊娠は女性だけでは 出来でき ない以上、いつまでも妊娠した女性だけに責任や罪を負わせていてはいけないと思います。「望まぬ妊娠」や虐待死の影には、セックスして女性を妊娠させた男性がおり、場合によっては妊娠させたことに気付いてもいないか、気付きながら逃げたという事実があるわけです。彼らには、セックスした相手が妊娠したり、自分が養育に関わらなければ孤立して困窮したりするだろうということが想定できないわけはないでしょうから、未必の故意だと言えると思います。

 現在の法律では直接、虐待に関わらなかった男性は罪に問えませんが、妊娠する性である女性だけが重い罪に問われるのは不平等ですし、予防の観点からも男性も罪に問えるようにしてほしいです。外来で日常的に「妊娠したけれど、それを伝えたら相手の男性と連絡が取れなくなった」という女性の声を聞く身からすると、法改正をしてDNA鑑定でもなんでもしてほしいですね。そして、セックスとはどういう結果をもたらす行為なのか、思春期の男女に実用的な情報も伝える仕組みが急務だと思います。

 今回の厚労省の検査結果は、生後0日の虐待死は「望まぬ妊娠」、未受診妊婦、医療の管理のない出産による赤ちゃんが多かったという結果で、意外性はありませんが、検証結果を今後の予防に役立てるために本気の対策をお願いしたいと思います。

 (参考) 子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第12次報告)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

SNSを見ていたら

世の中捨てた物ではない

ある医師のSNSで女の子が話し聞いてくれる?先生って突然入ってきて対応した医師もいました。無事子供を産み施設で預かってもらっているとその女の子の...

ある医師のSNSで女の子が話し聞いてくれる?先生って突然入ってきて対応した医師もいました。無事子供を産み施設で預かってもらっているとその女の子のSNSには書いてありました。ほかには子供への処方をやめてしまった母親へそれは飲んでおいたほうがいいとSNSで書いた人がいて、それを母親が読んで飲ませ始めているのを見ています。難病の子をかかえた母親の孤独ですね。その子供さん元気です。
もう法律をかえようとか遺伝子しらべようの段階じゃないです。地道にネットの中で普通にしているだけで相談したいという人が極たま~に入ってきているのを読んでいるので、地道にやっていればいいだけと信じています。実際に上記の二人の子供は生きていますから2014年の統計にでていません。統計の数字で右往左往だけはしたくないです。

>そして、セックスとはどういう結果をもたらす行為なのか、思春期の男女に実用的な情報も伝える仕組みが急務だと思います。

日本流ならセックスは結婚後だとは思うけど真意が伝わってこないのでちがっていたらすみません。セックスについては教える人によってまちまちなので親としてはこれが一番の問題だと思っています。つかまえ所がないというか難しすぎるというか、政治家、医師、教師、各種NPOなどまちまちでなんだろうって思っています。特に個人的にブログでやってるアダルトグッズ使ってみました的なのはどうにかできないものか、読んでいるだけで疲れます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事