文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

医療放射線を減らす(4)毛細血管 酸素治療で修復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
円筒形の高気圧酸素治療装置を確認する柳下さん(右)ら医師(東京都文京区の東京医科歯科大学病院で) 横浜市の小川勇吉さん(81)は、健康診断で前立腺がんが見つかり、2010年に手術を受けた。再発の恐れがあったため、翌年、下腹部に放射線を当てる治療を35回と、男性ホルモンの作用を抑える内分泌療法を受けた。効果は高く、がんを克服できた。 ところが13年、思わぬ事態に見舞われる。突然、真っ赤な血尿が出た。…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事