文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常

yomiDr.記事アーカイブ

バイオテロに備えて…天然痘「根絶宣言」でも種痘接種を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  「予防接種は努力義務である」という先週のコラム の続きです。まず、 東京都福祉保健局HP には次のような記載があります。

「定期予防接種を受けることは、以前は義務とされていましたが、現在の法律では、人から人に伝染することによる感染症の発生やまん延を防止するため、 (また) は重症化するおそれのある感染症の予防やまん延防止のため予防接種が必要とされる病気(A類疾病)について、国民は予防接種を受けるように努めなければならないとされています(努力義務)。したがって、接種を受けるかどうかを最終的に決めるのは、接種を受ける本人又は保護者となります。」

 努力義務なのですが、公衆衛生をつかさどる国としては、できるだけ多くの国民に受けてもらいたいのです。強制であれば、「ワクチンの魅力」は不要です。だって魅力があろうがなかろうが、接種する強制力があるからです。しかし、努力義務であれば、魅力がないワクチンを接種しようという気持ちにはなれません。

ぜひ打ってもらいたいワクチンとは…

 では、強制ではない現状で、つまり努力義務の段階で、多くの人が「ぜひ打ってもらいたい」と思うワクチンとはどんなものなのでしょうか。大学院で「免疫学」の学位指導を行っている立場から語りますね。

 まず、12歳の娘に質問。

「どんな予防接種なら、してもらいたい?」

「痛くなければいいよ!」

 確かに子供にとっては痛いか痛くないかが、何より大切でしょう。小児 麻痺(まひ) (ポリオ)やロタウイルスのワクチンは経口投与の生ワクチンです。またアメリカでは、鼻に噴霧して投与するインフルエンザの生ワクチンも使用されています。これらは注射をしないので、娘が心配する痛みはまったくないですね。

 僕はワクチンには「種痘の呪縛」があると思っています。種痘の栄光に (とら) われているということです。種痘は天然痘に対する予防接種です。天然痘は大きな感染力と高い致死率を持っていた感染症で、40%にも及ぶ致死率からなんとか逃れても、その後に瘢痕を残します。天然痘の瘢痕は、今では「あばたもえくぼ」ということわざに残っています。

  (はる) か昔から、一度天然痘になると、その人はその後、天然痘にはならないことは知られていました。そこで天然痘の膿を健康な人に接種すること(人痘)も行われましたが、死亡率が高く、普及しませんでした。そこでエドワード・ジェンナー(1749~1823)の登場です。彼は牛の天然痘(牛痘)の膿を人に打つことを思いつきました。これを種痘といいます。種痘は世界中に普及し、そして1958年に世界保健機関(WHO)が本格的に撲滅に乗り出し、1980年に天然痘の根絶宣言をすることに成功しました。種痘というワクチンにより、高い死亡率を誇る天然痘が撲滅できたので、種痘は最も成功したワクチンなのです。

 僕が思う、みんなが受けたくなるワクチンの要件は、

<1>対象が絶対に (かか) りたくない病気であること

<2>ワクチンの効果が絶大であること

<3>費用がかからないこと

<4>副作用が少ないこと

だと思っています。それらをすべて、種痘は満たしていました。

国策のワクチン接種なら、無料に

 天然痘にかかると40%も死亡し、そして 上手(うま) く生き残っても「あばた」が残るのでは、絶対に罹りたくない病気ですね。一方で麻疹(はしか)や風疹(三日ばしか)は、「 () えて子供の頃に罹ってしまえばいい」と主張する人がいるほど、「全員が絶対に罹りたくない病気」という 範疇(はんちゅう) には入りません。一方で、がん全般に有効なワクチンや、心臓病を予防できるワクチン、そして認知症にならないワクチンなどが登場すれば、誰もが率先して接種すると思っています。

 そして種痘は接種後、数十年 () っても抗体価(免疫力を測る値)が強陽性の人が半数近くいるという報告もあります。インフルエンザのワクチンが毎年接種する必要があったり、また麻疹や風疹の抗体価が10年後には相当低下することに比べると種痘の効果はすばらしいのです。

 また、種痘はWHOが主導的立場で、世界中で撲滅計画を進めました。いろいろな援助のお陰で貧しい国でも種痘接種を行えたのです。だからこそ、根絶宣言に至りました。

乳幼児期や学童期のワクチンは基本的に無料ですが、大人が接種するには数千円が必要です。数千円は富裕層にとっては何でもない金額かもしれませんが、低賃金で必死に生活している人々にとっては相当な金額です。国策としてワクチン接種を行うには、僕はすべて無料で、つまり国のお金で行うべきだと思っています。また貧しい国では麻疹や風疹のワクチン接種などは十分に行われていません。天然痘に比べて費用対効果が悪いからです。

 副作用はゼロが理想です。しかし、種痘でも副作用はあるのです。有名なのは種痘後脳炎で、10万人に1人ほどに起こり、約半数が死亡したとも言われています。しかし、それぐらいの副作用は承知で受けたくなるぐらいに天然痘は罹りたくない病気だったのです。

 子宮 (けい) がんのワクチンは、がん全体を防止するわけではありません。すべての子宮頸がんを防止するわけでもありません。また効果が100%でもありません。つまり、ほんの少しの副作用に目をつぶるほど、頻度が高い重病に対する効果的なワクチンではないのです。だからこそ、頻度が少ない副作用でも問題視されるのです。

 また、撲滅を目指すのであれば、宿主が人だけのウイルスである必要があります。宿主とはウイルスが生き残れる環境です。狂犬病のように宿主が犬であれば、ウイルスを絶滅させるには犬にもワクチン接種が必要になります。

 そして、根絶宣言が行われた天然痘は、実は世界の「ある場所」には凍結されて残っています。種痘が行われなくなった昨今、多くの人は天然痘に対する抗体がありません。天然痘が生物兵器として使用されれば、その効果は絶大です。イラクに派遣された数千人の自衛隊員には種痘の接種を行ったそうです。実は種痘は、僕が娘にお金を払ってでも受けさせたいワクチンのひとつです。将来のバイオテロに備えるために。

ワクチンは国策で強制接種として、全員が無料で受けるようにしない限りは全国民が接種するという理想的状態に導くことはなかなか無理だろうと思っています。努力義務という立場を貫くのであれば、誰もが受けたくなるような理想的なワクチンが、せめて種痘と同じようなワクチンが、サイエンスの進歩によって次々に導入されることを願っています。

 人それぞれが、少しでも幸せになれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!_20131107イグ・ノベーベル賞 新見正則さん(1)写真01

新見正則(にいみ まさのり)

 帝京大医学部准教授

 1959年、京都生まれ。85年、慶応義塾大医学部卒業。93年から英国オックスフォード大に留学し、98年から帝京大医学部外科。専門は血管外科、移植免疫学、東洋医学、スポーツ医学など幅広い。2013年9月に、マウスにオペラ「椿姫」を聴かせると移植した心臓が長持ちする研究でイグ・ノーベル賞受賞。主な著書に「死ぬならボケずにガンがいい」 (新潮社)、「患者必読 医者の僕がやっとわかったこと」 (朝日新聞出版社)、「誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る『レジリエンス』とは何か?」 (サンマーク出版)、「西洋医がすすめる漢方」 (新潮選書)など。トライアスロンに挑むスポーツマンでもある。

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常の一覧を見る

最新記事