文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

私のマラソン道

コラム

ポケモン・ランでランニング復活!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ラン復活の兆し?

5キロの卵は、5キロ走れば卵が割れてポケモンが誕生する!

5キロの卵は、5キロ走れば卵が割れてポケモンが誕生する!

 走ってみると、オリエンテーリングをやっているようで、楽しかった。なかでもポケストップの公園でアプリを確認し、卵が孵化する瞬間に遭遇すると、素直にうれしい。いそいそとランに出かけるようになった。

 台風が関東に接近したある日曜日、ポケモン・ランに出かけたら、突然の大雨に遭遇した。豪雨の中を走っていると、降り出しと同様な唐突さで雨が上がり、黒々とした曇天のどこからか清涼な風が吹いてきた。気持ちよかった。その瞬間、ずっと忘れていた「走る楽しさ」を思い出した。その日の夜、11月末に開かれる「東京マスターズロード選手権大会」という、名前は仰々しいけれど誰でも参加できる大会(ハーフマラソンの部)にネット登録した。

 ちなみに、「ポケモンGO」アプリの計測によると、7月24日のアプリ使用開始以来、歩いたり走ったりした距離は、8月31日現在で119.68キロ。左足の踵はかすかな違和感があるが、痛むほどではない。

higashikaoP-150-170

東 一眞(ひがし・かずまさ)
【略歴】1987年入社。盛岡支局、北京特派員、東京本社経済部次長、メディア局企画開発部次長などを経て現職。自己ベストはフルマラソン4時間29分で、ハーフは1時間48分。「フルとハーフのタイム差がありすぎるのはスタミナのない証拠」と、上級者からはよく指摘される。まあ、その通りだなあと思っている。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

marathon-do-400

私のマラソン道 
 マラソンやランニングが、ライフスタイルとして定着しつつあります。週末、各地の大会に出かける人も多い中、あなたのオフィスの隣の人がランナーかも? 読売新聞社内のマラソンランナーが、国内外の大会に参加した体験記、トレーニング法、仕事との両立など、マラソンへの思いを語ります。

私のマラソン道の一覧を見る

最新記事