文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

医療・健康・介護のコラム

障害胎児は中絶してもいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 先日、 映画「風は生きよという」 の上映会へ行ってきました。作中、何人もの呼吸器を付けた障害者が登場します。また会場にも呼吸器ユーザーが何人かお見えになっており、上映後のシンポジウムと懇親会で楽しく会話をしました。重い病気や障害を持っていても力強く生きている姿には尊厳を感じます。  さて、私が大学病院で働いていた頃、赤ちゃんの外科的な先天奇形は産科の先生たちが生まれる前に超音波検査で診断をつけて…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

4件 のコメント

コメントを書く

「命の重さ」とは

いいお天気

わたしは21週でお腹の子に先天性心疾患がみつかり、人工妊娠中絶を受けました。 コラムを読み、染色体異常がみつかって妊娠継続をあきらめる親に対して...

わたしは21週でお腹の子に先天性心疾患がみつかり、人工妊娠中絶を受けました。
コラムを読み、染色体異常がみつかって妊娠継続をあきらめる親に対して、お腹の中の子の「命の重さ」を軽視したり、安易な「生命の選択」をしたりした結果、人工妊娠中絶を選択したのではないか考えておられるのではないか、という印象を受けましたが。どうしてもそれに違和感を感じてしまいました。
わたしの理解不足でしたら申し訳ありません。

お腹の中で子を育ている妊婦が、だれよりも胎児の命の重さを感じているのではないかと思います。胎動を感じているならなおさらです。また中絶と一言でいっても、それは大きな心身の痛みを伴うものでした(中期中絶は出産と同じですから)。わたしの場合はそのときの身体的な痛みより、そのあとの精神的なもの、後悔や罪悪感のほうが大きかったです。きっと一生抱えていくのでしょう。

94%の高確率といいますが、その数字のうしろにはそれだけたくさんの人の苦悩と涙と悲しみがあるのではないでしょうか。

幼い我が子の命の重さを理解しないで、安易に中絶をしているひとーとくに妊婦ーは、ほとんどいないと思います。また中期中絶は心身に非常におおきな苦しみと痛みをともないます。94%の人々は、だれよりもそれを感じて考えているのではないかと、わたしは自分の経験もあり、そう思いました。

松永さんに正面から反論したいわけではありません。違いを許容しあえる社会になってほしいとわたしも思います。ただ、その決断をするのはとても悲しく苦しいものであることを知っていただけたらと思いました。そして、そんな決断をする妊婦がへることをただ祈るばかりです。

つづきを読む

違反報告

想像してください

サンライズ

親は子供にどんな障害があろうと愛情で乗り切れるかもしれません。 でも親は、自分にもしものことがあったらどうなるのだろう、と心配は尽きません。 そ...

親は子供にどんな障害があろうと愛情で乗り切れるかもしれません。
でも親は、自分にもしものことがあったらどうなるのだろう、と心配は尽きません。
そして他にも子供がいたら、兄弟に面倒を見てもらうことになります。
そこまで考えれば中絶の苦悩が分かろうというものです。
発言小町でも最近「障がいを持っている兄弟がいる方」というトピがあるので見てください。

つづきを読む

違反報告

自己責任

百日紅

人為的な優生思想が間違いなのはそのとおり。されど出生を神の手に委ねると言うなら死も同じ、中絶と同様に延命治療も俎上に上げなければなりませんし、精...

人為的な優生思想が間違いなのはそのとおり。されど出生を神の手に委ねると言うなら死も同じ、中絶と同様に延命治療も俎上に上げなければなりませんし、精子バンクは優生思想の一形態ではないでしょうか。自殺やムダな延命治療を認めないキリスト教は首尾一貫しています。
神の定めた生死の掟を変える中絶のザラザラとした感じは、他方でこれを非難する側にも感じます。中絶は家族の幸せを考えた苦渋の決断です。病院での診察という一点で接するに過ぎない医師が患者や家族の生活をどこまで理解しているのか、青い芝も他人の生き方に口出しができるのか。「国家からの自由」は同時に「他人からの自由」でもあるはずです。通常の育児でさえノイローゼになる、無理しての出産が棄児、育児放棄となったら誰が責任を負うのでしょう。
優生思想の優勝劣敗を排し障害を個性として共生を図る、しかし、政府がノーマライゼーションを推進しようと2007年の障害者白書で「障害は個性である」と記述したところ、問題を矮小化するものと非難を受けました。語る立場によって評価が異なるとすれば、結局は自分で責任持って判断するしかないように思います。
最近の医学の進歩は神の領域に踏み込んだ感すらあります。しかしそれは人間の生の可能性を広げた反面で、医療費を含めた社会的コストの増大として国民に跳ね返り、新たな貧困問題を発生させています。格差社会の到来は、金持ちでなければ教育も健康な生活も先進医療も満足に受けられず、さらには結婚、出産も望めない。この負の連鎖が新たな経済的優生理論を生んでいるとしたら皮肉なものです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事