文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

コラム

「奇形」を「個性」と言い換え…医師の心遣い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

神奈川県横須賀市 無職 76

 9歳の孫の付き添いで大学病院の歯科を受診した。奥歯の激しい痛みで、孫は前夜から夜通し泣き叫んでいた。診断結果は「中心結節」。永久歯の表面に角状の突起が生え、ものをかんだりしているうちに角が欠けると、神経がむき出しになって痛むという。

 初めて聞く病名だったので、「それは歯の奇形なのですか」と尋ねたところ、医師は「歯の個性ですよ」と優しく言った。

 「奇形」という言葉を使った私に、「個性」と言い換えて答えてくれた医師の心配りには、目の前にいる子どもへの配慮もあったのだろう。

 患者の心を突き刺すような医療関係者の言葉が、何かと取りざたされる昨今、ほっとするような温かさを感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

個性とはステキな言葉

kirarin

奇形ではなく個性… ステキな心遣いですね。 私も病床名は違いますが今年22歳になる娘が12歳の小学校卒業間近に9歳で発症した脳腫瘍の合併症で車椅...

奇形ではなく個性…
ステキな心遣いですね。
私も病床名は違いますが今年22歳になる娘が12歳の小学校卒業間近に9歳で発症した脳腫瘍の合併症で車椅子の障害児となりました。他にも多々の障害を抱え呆然とする私に「障害はその子の個性、一緒に前に進もう」と。
現在もアフターフォローはその時の先生。何故?こんな状況に?と怒涛の感情が医療者に対しなかったわけではありません。しかし、そのまま立ち止まるわけにはいかない。その一言が未知の世界への不安な道を照らしてくれたのは事実です。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事