文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ホントはどうなの?健康食品・サプリメント

国立健康・栄養研究所

健康・ダイエット

[α-リポ酸]運動後の疲労回復には効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「α-リポ酸」ってなに?と思われている方も多いかもしれません。普段、生活している中ではあまりなじみのない健康食品素材だと思われます。しかしながら、健康のためにとスポーツジムに通って汗を流している人の中には、聞いたことがある、もしくは既に利用している方もいるかもしれません。スポーツジムに通っていると、「疲労回復やダイエットに効果がありますよ」といろいろなサプリメントを勧められたりします。その中の一つに「α-リポ酸」があります。今回はこの、α-リポ酸について解説します。

α-リポ酸とは

 α-リポ酸は私たちの体を構成している細胞の中のミトコンドリアに存在し、エネルギーを作ることを助ける補酵素(酵素の働きを助けるもの)として働いています。つまり、体の中の糖や脂肪酸をエネルギーに変えるため、「運動時によい」「ダイエットによい」「糖尿病によい」などと言われています。実は、α-リポ酸は医薬品(医薬品ではチオクト酸と呼ばれます)としても利用されており、その適応は、激しい肉体疲労時に摂取するものとされています。一方、食品として流通しているα-リポ酸は品質や成分含量が製品ごとに異なっているため、医薬品と同等の効果が期待できるとは限りません。

ダイエットに効果がある?

 医薬品の適応は激しい肉体疲労時とされています。そのため、健康食品でも品質のしっかりした製品を利用すれば、運動後の疲労回復効果が期待できるかもしれません。一方、ダイエット効果に関しては、現時点では、根拠となるデータはありません。しかしながら、運動後の疲労回復効果により、すっきりすることで、次の運動を頑張れるという点では、ダイエット効果があるかもしれません。残念ながらα-リポ酸を摂取すれば、それだけで体重が減るということはありません。少しわかりにくいかもしれませんが、α-リポ酸はあくまで補酵素ですので、酵素をはじめとした他の因子が整った環境でなければ、どんなにα-リポ酸があっても役に立たないのです。つまり、α-リポ酸だけを一生懸命摂取しても効果は得られません。バランスの良い食事を心がけ、運動をする(エネルギーを消費する)ことで、はじめてα-リポ酸が役に立ってくるのです。

 また、糖代謝を促すことから、糖尿病によいとも言われていますが、糖尿病患者さんによる臨床試験では、効果は限定的であるという報告が多く、あまり効果は期待できないと考えられます。糖尿病患者さんは、α-リポ酸を利用するのではなく、医療機関において適切な治療を受けるようにしてください。

 

インスリン自己免疫症候群(IAS)に注意

 適切に利用する場合、α-リポ酸は安全性が示されています。医薬品ではα-リポ酸(厳密にはチオクト酸アミドとして)の摂取量として、最大でも1日当たり180 mgとされています。そのため、健康食品で利用する場合、この量を超えないようにしてください。しかしながら、実際の健康食品を見てみると、この量を超えている製品もありますので、摂取量には十分気を付けてください。一般的な副作用として、食欲不振、悪心、下痢、発疹、頭痛、めまいなどが報告されていますので、これらの症状が表れたら、すぐに摂取をやめてください。

 α-リポ酸で最も注意しなければならないのは、インスリン自己免疫症候群(Insulin Autoimmune Syndrome:IAS)による低血糖発作です。インスリン自己免疫症候群とは、α-リポ酸などのSH基を持った薬物を摂取することにより、自身のインスリンに対する抗体を作ってしまい、本来、厳密に調整されているインスリンの作用を乱し、低血糖を起こさせてしまうというものです。このインスリン自己免疫症候群は遺伝的素因が影響するため、日本人では、α-リポ酸によるインスリン自己免疫症候群の発症が多いことが報告されています。めまい、動悸どうき、発汗、手指の震えなどを感じたら、すぐに摂取をやめ、医療機関を受診するようにしてください。ジムに通っていると、これらの症状があっても、疲れているせいだとか、ちょっと運動をやり過ぎたと思って見逃してしまいがちですが、α-リポ酸の影響かもしれませんので、注意してください。

 また、α-リポ酸は血糖低下薬と併用すると、その作用を増強し、低血糖を起こす可能性がありますので、血糖低下薬との併用を避けてください。それ以外のお薬と相互作用を起こすかどうかは分かっていませんので、基本的には併用しないことをお勧めします。もし併用する場合には、医師・薬剤師に相談した上で利用するようにしましょう。

 

余談ですが

 スポーツジムに通っていると、α-リポ酸をはじめ、いろいろなサプリメントを勧められると思います。しかしながら、これらのサプリメントを利用した際の効果というのは、アスリートで試した結果がほとんどです。つまり、きちんとしたトレーニングメニューの下、管理栄養士が食事とこれらのサプリメントの摂取量、摂取するタイミングなどをきちんと管理した上での効果なのです。通常、私たちがジムで行っている程度の運動で、適当に摂取して、本当に効果があるのかはわかりません。本当に、自分に必要かどうかをよく考えて取り入れましょう。

 

α-リポ酸の安全性・有効性に関する科学的根拠は以下のサイトを参照してみてください。

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報サイト

なお、厚生労働省もα-リポ酸についての情報を発信していますので、そちらも参考にしてみてください。

厚生労働省 保健機能食品・健康食品関連情報

 

(国立健康・栄養研究所 千葉 剛)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ホントはどうなの?健康食品・サプリメントの一覧を見る

最新記事