文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

肺がん発症、免疫力の個人差と関係…たばこ吸わない人も発症多く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 免疫力の個人差が肺がんの発症しやすさと関係していると、国立がん研究センターなどのチームが、科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に発表した。肺がんの発症予測や予防、治療などに役立つと期待される。

 肺がんは、がんの中で最多の年間約7万4000人が亡くなる。肺がんの中でも最も多い「肺腺がん」は、たばこを吸わない人も発症することが多く、予防が難しい。

 チームは、肺腺がんの約半数を占める、特定の遺伝子に変異を持つがん患者約3000人と、がんではない約1万5000人で、約70万か所の遺伝子のパターンの違いを比べた。

 この結果、多くのがん患者の遺伝子には、新発見の2領域を含む6領域に特有のパターンが見られた。このうち免疫に関与する遺伝子領域に特有のパターンを持つ人は、持たない人に比べ1・3倍程度がんになる危険性が高かった。

 同センター研究所の河野隆志分野長(がん遺伝学)は「今回の成果に、生活習慣などを組み合わせて、肺がんの発症予測モデルを作りたい」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事