文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

コラム

おたふく風邪ワクチンは必要ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 NO MUSIC,NO LIFE という言葉がありますが、音楽を聴かない日はありません。  Jazzを聴く日もあれば、Rockを聴く日もあります。そんな音楽好きのDNAの一部が遺伝したのか、私の長女は音楽大学に進み打楽器を専攻しています。その長女が先日、耳に違和感を覚えるというので耳鼻科を受診させました。もしや騒音性難聴ではないかと受診前にかなり心配しましたが、検査の結果、聴力は低下しておらず胸…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

おたふく風邪は、怖い。

ピッピ

今、高校生の息子が幼稚園の時におたふく風邪になりました。その前からなんとなく体調を崩していて病院に行っていました。 で、おたふく風邪自体は予防接...

今、高校生の息子が幼稚園の時におたふく風邪になりました。その前からなんとなく体調を崩していて病院に行っていました。
で、おたふく風邪自体は予防接種を受けていたので目立つほどの腫れもなく終わったのですが、その後も体調不良が続き、MRIや血液検査など色々検査をするけど原因がわからず、最後に耳鼻科でムンプスからの突発性難聴がわかり即、入院。2週間入院しましたが右耳の聴力は、なくなりました。そして、息子が入院している間に今度は、父親がおたふく風邪に!耳下の腫れと下半身の腫れのダブルパンチ。子供の退院の翌日に父親が入院になりました。第2子を迎える事は、出来ませんでした。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事