文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点

コラム

トンデモ医療に引っかからないために(上)患者さんを利用したビジネスは「人権無視の人体実験」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 がん患者さんにとって、10年くらい前までは、がん情報を探すのが大変でした。

 逆に、現在では、洪水のように、がん情報があふれています。

 どうやって正しいがん情報にアクセスしたらよいのでしょうか?

 利用するがんの治療法の情報源としては、平成26年度の世論調査のデータ(1)によると、

 「あなたは、がんと診断されたら、ご自身のがんの治療法や病院について、どこで情報を入手しようと思いますか?」という質問に対して、次のような結果でした。

 病院・診療所の医師・看護師が60.3%と最も高く、次いで、がん拠点病院のがん相談支援センター(45.2%)、インターネット(35.6%)、家族・友人・知人(32.5%)、国立がん研究センターのウェブサイト(19.3%)の順になっています。

 これを、50歳未満の人で見てみますと、インターネットは、トップとなります。

 このように、スマホ所有率が国民の7割を超えた現代では、インターネットは、現代人にとっては、がん情報源として欠かせないものになっています。

インターネットのがん情報は信用できない

 ではインターネットのがん情報はどれだけ信頼できるのでしょうか?

 国立がん研究センターの後藤医師の調査によると、インターネットで正しいがん情報にヒットする確率は、50%以下であったという報告があります(2)。

 インターネットの情報は、玉石混交です。

 “がん治療”とインターネットで検索してみると、トップに出てくるのは、怪しいクリニックの広告ばかりです。

 検索上位に上がるものも、

 “体にやさしいがん治療”

 “がん自由診療・先端医療”

 “がん免疫療法とは?”

 などと、一見、まともそうに見えるものも、よく中を見てみると、保険の効かない自由診療の免疫療法などのクリニックにリンクしていたりします。

 確かに後藤医師の調査結果どおり、インターネットのがん情報は、半分以上は信頼できそうもないものばかりというのは、間違いありません。

適切なインターネット情報とは?

 後藤医師の報告では、米国のインターネットサイトでは、80%が正しい情報であったとのことです。

 米国では、NPO、公的機関が多くの適切ながん情報を発信しています。また、HONコード(3)や、URAC(4)などの第三者機関が適切な医療情報サイトであるかどうかを認証するシステムが発達していますので、日本のような状況と異なっているのだと思います。

 HONとは、「Health On the Net Foundation」というスイスに本部を置く非営利団体です。

 8つのガイドラインを満たすと、HONコードと呼ばれる認証ロゴが得られます。

 <コンテンツ8つのガイドライン>

  1.  Authority(健康アドバイスは、専門教育を受けた者が提供すること)
  2.  Complementarity(医師と患者との関係をサポートする範囲までの情報であること)
  3.  Confidentiality(個人のプライバシー保護を遵守すること)
  4.  Attribution(必要なリンクの提示、最終更新日の表示をすること)
  5.  Justifiability(偏りのない公正な情報を提供すること)
  6.  Transparency of authorship(コンテンツ制作者の連絡先やユーザー サポート先を表示すること)
  7.  Transparency of sponsorship(スポンサー企業がある場合は明確に表示 すること)
  8.  Honesty in advertising & editorial policy(広告とオリジナル情報の 区別、広告ポリシーを提示すること)

 HONコードは、世界72か国、8000のインターネットサイトで認証されています。

 日本でこのHONコードを取得しているのは、NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)のホームページ(5)と、CNJが運営しているキャンサーチャンネル(6)の2つしかありませんでしたが、最近、ヘルスケア大学のサイトが日本で3番目にHONコードを取得しました(7)。

 日本では、医療法による“医療広告ガイドライン”があり、誇大広告はもちろん、効能効果についても厳しく規制がなされています(8)。

 しかし、この医療広告ガイドラインでは、インターネット上の情報は、原則、広告とはみなさない、と記載されています。

 インターネットは、個人で検索し、使用範囲が限定されているため、広告ではない、とみなされているのだと思いますが、昨今のインターネット状況は、誇大広告や、エビデンス(科学的根拠)のない効能効果などが満載されていて、有害なサイトが増えており、それにより、患者さんが被害を被っている状況が後を絶ちません。

 ようやく厚生労働省も、医療機関のホームページでの虚偽、誇大な表現を規制する新たなガイドラインを作成する方針を決めた(9)ということですので、がん情報も適正になることを期待したいと思います。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

katsumata

勝俣範之(かつまた・のりゆき)

 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

 1963年、山梨県生まれ。88年、富山医科薬科大卒。92年国立がんセンター中央病院内科レジデント。その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。04年ハーバード大学公衆衛生院留学。10年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科外来医長。2011年より現職。近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。がん薬物療法専門医。

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点の一覧を見る

3件 のコメント

コメントを書く

残念でした

踊らされた患者家族

父が食道がんになり、すがる思いでインターネットでの患者さんのブログから、どんなものを使って効果があったかを検索する日々でした。手軽にできる、一度...

父が食道がんになり、すがる思いでインターネットでの患者さんのブログから、どんなものを使って効果があったかを検索する日々でした。手軽にできる、一度購入してしまえばずっと使える・・といううたい文句で2つで5万円もするラジウム入り枕というのを購入。
その効果もあったかどうかも分かりませんが、先日父は他界してしまいました。悲しい気持ちとともに、そういったウソにひっかかってしまう人たちに少しでも気を付けていただければと、商品の感想には、“効果なし”ということで投稿しました。
治療方法もたくさんありますが、検索すればするほど嘘くさく、手術により体力がなくなった父には残念ながら何も試せませんでしたが、こういった患者や患者家族の不安につけこむような商売、ほんと法律で裁けるようにしてほしいです。

つづきを読む

違反報告

ガン患者は混乱する!

うみ

そうですね!勝俣先生は正しいと思います。いろいろな情報がネットや書籍を通し氾濫していて、何を信じたらいいのか?私の担当医の先生は振り回されてはい...

そうですね!勝俣先生は正しいと思います。いろいろな情報がネットや書籍を通し氾濫していて、何を信じたらいいのか?私の担当医の先生は振り回されてはいけないと言います!私もそう思います。ただ気になり見てしまうのも、事実です!

つづきを読む

違反報告

一本!

柔道家

勝俣先生の一本勝ち! こういう情報こそ、不安な患者さんを励ます重要なものだと思います。悪徳という表現が似合う医師たちがウヨウヨいるなか、勝俣先生...

勝俣先生の一本勝ち!
こういう情報こそ、不安な患者さんを励ます重要なものだと思います。悪徳という表現が似合う医師たちがウヨウヨいるなか、勝俣先生のような正義感あふれる医師に診察してもらえる患者さんは本当に幸運だと思います。
でも、きっと、悪徳医者にとっては、勝俣先生のような医師は目の敵になるんでしょうね。錬金術的な手品の種明かしをするようなものですから。医学界に渦巻く「仁とは逆なもの」こそ癌のようなもの。この癌をやっつける方法はないものでしょうか。
先生のご活躍、益々応援したくなります。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事