文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

妊娠・育児・性の悩み

栗原康さんインタビュー(1)恋愛やセックスにルールなんてない…大杉栄と伊藤野枝の生き方から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「人は絶対にひとつになれないというところから関係を紡いだほうがいい」と語る栗原さん

「人は絶対にひとつになれないというところから関係を紡いだほうがいい」と語る栗原さん

 今回からお届けするのは、明治・大正時代の代表的アナキスト、大杉栄や伊藤野枝の人物伝を書き、その思想を現代に 甦 (よみがえ) らせた政治学者、栗原康さん(37)のインタビューです。

 結婚制度や社会道徳の 欺瞞(ぎまん) に全力で抵抗し、欲望の赴くままに、愛する人ややりたいことに体ごとぶつかっていった二人。彼らの思想にほれ込んだ栗原さんは、「恋愛やセックスにルールなんてないし、大事なのは、互いが本当の意味で素っ裸になること。社会の決まりごとに誰もが人間性を奪い取られ、生きづらさを感じている今こそ、二人の生き方に学ぶことは多いと思います」と私たちをあおります。栗原さんの豊富な恋愛(失恋)体験も飛び出す全4回の連載をご覧になって、ぜひ、足元を揺さぶられてみてください!

アナキズム研究を専門とする政治学者・栗原康さん
【略歴】(くりはら・やすし)政治学者(アナキズム研究)、東北芸術工科大学非常勤講師。
 1979年、埼玉県生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科・博士後期課程満期退学。『大杉栄伝―永遠のアナキズム』(夜光社)、『はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言』(タバブックス)、『現代暴力論 「あばれる力」を取り戻す』(角川新書)、『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』(岩波書店)など著書多数。長渕剛の大ファン。

◆◆◆

 ――まずは二人の男女関係を振り返らせてください。伊藤野枝の最初の結婚は17歳。でも、すぐに逃げ出してしまいましたね。

 「東京の女学校を卒業後、故郷の福岡に帰っておじさんに結婚を決められ、籍も入れられてしまいます。だけど、嫌になってすぐに飛び出し、大好きだった女学校の先生、辻潤(思想家)を頼って、東京の家に転がり込む。当時、女性には夫以外の男とセックスしたら罰せられる『 姦通(かんつう) 罪』があり摘発されそうになるのですが、おじさんの取りなしで、籍を抜いて事なきを得ます。その後、辻との間に子どもが2人生まれ、野枝のいとこと浮気して一時関係が悪化した辻と関係をつなぐために、再び籍を入れることになりました」

――その頃、大杉栄と出会うのですね。恋愛や性欲が始まりではなかったそうですね。

 「元々は大杉の方が、野枝の文章に感心したんですね。世界的に有名なアナキスト、エマ・ゴールドマンの『婦人解放の悲劇』を野枝が翻訳して、大杉がそれを読んだのです。実のところ、夫であった辻潤が翻訳したのですが、解説は野枝が書き、それを読んだ大杉が『この子は平塚らいてう(婦人運動家)を超える』と絶賛しました。当時、大杉は売れっ子の文筆家で活動家としても有名でしたから、野枝はすごく喜んだ。最初は恋愛というよりも、同志愛のように、思想家として認め合うところから出発しています。しばらくはきょうだいのようにおしゃべりを楽しんでいたようですが、そのうち大杉の方から好きになったようです」

――大杉栄もその頃、複数、つきあっていた女性がいましたね。

 「もともと大杉は自由恋愛論者だったので、結婚はしていないんですけど、すでに堺利彦(社会主義者)の義理の妹、堀保子と長年 同棲(どうせい) していて、同時に新聞記者の神近市子ともつきあっていました。さらに野枝のことも好きになったのですが、当時、結婚したばかりの野枝は 躊躇(ちゅうちょ) してしまう。でも、公園で大杉が野枝にキスし、うれしくなった大杉が言いふらしてしまう。バカですよね(笑)。野枝も夫にキスされたことを伝えるとボコボコに殴られたので、大杉のもとに走ったのです」

――その過程で、大杉は四角関係となってしまった3人の女性と話し合いをして、自分の主張する「自由恋愛の3条件」を示したわけですね。

1、おたがいに経済上独立すること
2、同棲しないで別居の生活を送ること
3、おたがいの自由(性的すらも)を尊重すること

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップの一覧を見る

2件 のコメント

管理時代を憂う

さるすべり

大杉栄、伊藤野枝、神近市子などなつかしい名前です。 高校生時代の倫理社会の先生と、クロポトキンだの無政府主義だのと、深く理解していたとは思いませ...

大杉栄、伊藤野枝、神近市子などなつかしい名前です。
高校生時代の倫理社会の先生と、クロポトキンだの無政府主義だのと、深く理解していたとは思いませんが、そういった話をするのが好きで、倫社の授業だけは必ず出席していました。もう45年くらい前の話です。当時は、今のように、授業をさぼると即刻「登校拒否」と問題視されることはありませんでした。
今は、「登校拒否」は「病気」だと言って精神科受診を推奨(≒強要)されると聞いています。企業人は言うに及ばず、ほんとに大変な「管理時代」になってしまったと思います。

現代の大半の日本人は哲学を学ぼうとしません。自分の頭で考えようとしません。無政府主義あるいはアナーキズムという言葉を発するだけで、テロリズムと同じ「暴力行為による既存秩序の破壊思想を持っている」と危険視されます。
こういった時代に、大杉栄や伊藤野枝を肯定的なテーマとして語ってくださることを大いに歓迎します。

つづきを読む

違反報告

伊藤野枝!!

ufu

著作も読みました。 栗原先生は伊藤野枝に心酔なさってるなーっていう印象でした。 甘粕事件当時28歳だから、まだまだ若い。 もっと長生き出来ていた...

著作も読みました。
栗原先生は伊藤野枝に心酔なさってるなーっていう印象でした。

甘粕事件当時28歳だから、まだまだ若い。
もっと長生き出来ていたら、もっと違うパートナーシップについて、伊藤野枝からもっと沢山学べる事があった気がしますねー。

大杉栄よりも、伊藤野枝の方が全然格上だったと当時から評判だったそうです。

ただ伊藤野枝の生き方は相当胆力が必要。
図々しさが必要。
凡人にはなかなかハードルが高いですけど、次回も楽しみです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事