文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

落語家 桂歌丸さん

一病息災

[落語家 桂歌丸さん]肺気腫(1)手術8回「病気のデパート」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[落語家 桂歌丸さん]肺気腫(1)手術8回「病気のデパート」

 東京の国立演芸場。今月初旬、若手の真打昇進披露口上を歯切れよく言い立てた。舞台袖には車椅子が待つ。楽屋に移り、酸素吸入器のマスクを口へ運ぶ。

 「大きな声は出せる。腹でしゃべるから。なぜ、頑張るかって? 苦があって初めて、その先に楽がある。あたしは、最後に目をつぶるまでやる覚悟です」

 横浜市にあった遊郭で生まれ、育った。経営者の祖母が親代わり。中学3年で落語家になり、65年。50周年を迎えた演芸番組「笑点」を初回から支え、落語芸術協会の会長も務める。

 7年前、肺気腫と診断された。肺の組織が壊れ、たまった空気を押し出せなくなる。「鼻をつままれてしゃべっている、動いてるって感じ」が離れない。

 50年近く、缶ピースを1日40本以上吸う愛煙家だった。「ストレスからじゃない。あれは、一つの癖ですね。入院して治る。また吸ってまた入院。まさか、こんなにひどくなるとはねぇ」

 他にも多くの病気を抱える。これまで、手術は計8回。月に四つも病院に行く。笑点のメンバーが、半ば本気でつけたあだなは、「病気のデパート」だ。

 体重はこの1年で5キロ減った。家でも酸素吸入器が手放せない。それでも、月の半分は高座にあがる。不調な呼吸にあわせて、落語の間や演出を変えてきた。

 もう一つ、あだ名がついた。「不死鳥」である。

 

  落語家  (かつら)   歌丸(うたまる) さん(79)

 (2016年7月27日 読売新聞夕刊掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

落語家 桂歌丸さん

最新記事