文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

こぶ縮小させ破裂防ぐ…脳梗塞の合併症の恐れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 脳の動脈の枝分かれする部分などにでき、破裂する恐れがある「脳動脈 瘤(りゅう) 」。従来の方法では破裂を防ぐ治療が難しい、大きくて入り口が広いこぶに使う新型のステント(金網状の筒)が昨年10月に保険適用され、大学病院などで治療が行われている。(原隆也)  新型のステントは「フローダイバーター」と呼ばれる。脚の付け根の血管から入れたカテーテルと呼ばれる細い管を使い、こぶの入り口でフローダイバーター…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事