文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新型出生前検査3万人超す…染色体病気の胎児417人、9割が人工中絶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 妊婦の血液検査で、ダウン症など胎児が持つ病気の可能性を調べる新型出生前検査について、実施する病院で作る共同研究組織は、2013年4月の開始から今年3月までの3年間に3万615人が検査を受けたことを明らかにした。

 同組織によると、染色体の病気が疑われる「陽性」と判定された人は547人。その後、458人が羊水検査などを受け、417人が胎児が染色体の病気であると確定した。そのうち約9割の394人が人工妊娠中絶をした。新型検査は、妊婦の血液に含まれる微量の胎児のDNAを分析し、ダウン症(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーの三つの染色体の病気の可能性を調べる。主に35歳以上の妊婦が対象で、臨床研究として行われている。

 当初は15施設だった実施病院は7月現在、71施設に増えた。同組織の関沢明彦・昭和大学教授は「遺伝カウンセリングなどの検査体制は整いつつある。臨床研究として行っている検査のあり方を検討していく必要がある」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事