文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

深層プラス for yomiDr.

ニュース・解説

わずか3分、白内障の革新的手術<上>放置すれば失明…“新兵器”が救う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 加齢に伴って多くの人が発症する白内障。手術すれば治る病気だが、世界的には失明原因の第1位だという。三井記念病院眼科部長の赤星隆幸医師は、その白内障をわずか3~4分で手術する方法を考案し、世界に普及させようとしている。赤星医師はこのほどBS日テレ「深層NEWS」に出演し、患者に負担をかけずに短時間で行う独自の手術方法について説明した。

(構成 読売新聞専門委員 東一眞)

◆年間1万件の手術実績

 私は1日に60件程度の手術を行います。去年は1年間で、1万398件の手術を行いました。なぜ、3~4分の短時間で手術を終えることにこだわるかというと、手術に時間がかかると、角膜が傷んで回復に時間がかかる、あるいは感染症を起こすリスクが高くなってくるからです。ですから、小さい傷口で目に負担をかけずに、いかに安全に、効率よく、質の高い手術を行っていくかというのが、私のずっと考えていた白内障の手術なのです。この方法では、すぐに視力を回復するし、治療の期間も短くすることができます。

 白内障の手術は一般的には15分から20分、大学病院だと30分かかるケースもあります。ただ、決して時間を競っているわけではありません。普通の白内障ですと3分とか4分で終わりますけれども、なかには非常にこじれた大変な白内障もあり、それにはそれなりの時間がかかるわけです。

◆白内障とは

 眼球のなかには水晶体というレンズが入っています。水晶のように透明できれいなレンズなのですが、だんだん年を取ってくると濁ってくる。病気というよりは老化現象、白髪と同じように年とともに濁ってくるのが白内障なのです。

 日本では年間100万件以上の手術が行われているのですが、手術をして治してあげられる病気なのです。ただ、世界的に見ると、手術が受けられないために、失明原因のナンバー1になっている。白内障も放置しておけば、濁りが強くなって失明してしまうのです。

わずか3分、白内障の革新的手術<上>放置すれば失明…“新兵器”が救う

図1 BS日テレ「深層NEWS」より

 瞳を広げて観察すると上の写真のように見えるのですが、いろんな種類の白内障があります。端のほうから濁ってくる「皮質白内障」は真ん中に来るまで症状が出ません。真ん中が硬くなってくる「核白内障」は、色の見え方が変わったり、あるいはメガネの度が年々厚くなってきたりする。近眼が進んでくるのが特徴的です。アトピーの方、糖尿病の方がなるのが「後嚢下(こうのうか)白内障」で、これはレンズを包んでいる後ろの部分が擦りガラス状に濁ってくる。進行の速度の速い白内障です。

 いずれの白内障も放っておくと、真っ白になってしまって、目の前に手が動くのがやっと分かる、あるいは光がやっと分かるくらいまで視力が落ちて、さらに放置しておけば完全に失明してしまいます。長い時間を経て進行していくので、なかなか患者さん自身が気づかないことが多いのです。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

深層プラス for yomiDr.の一覧を見る

最新記事