文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点

医療・健康・介護のコラム

正しい免疫療法のすすめ(下)本物の免疫療法~免疫チェックポイント阻害剤~の登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

がんワクチンに優った免疫チェックポイント阻害剤

 免疫チェックポイント阻害剤のイピリムマブが、がんペプチドワクチンの「gp100」よりも まさ ったという臨床試験の結果があります。

 米国でも、がんペプチドワクチンは、前立腺がんに対するシプリューセルTの樹状細胞ワクチン( 前回 の原稿で紹介しました)の開発後に最も期待がなされていた免疫療法でした。

 悪性黒色腫は、がん細胞の表面に特徴的な目印を出す「がん抗原提示性」が高いことが知られていて、それをターゲットに攻撃する免疫療法が最も期待できるがんです。gp100は、米国の免疫療法の権威である米国国立がん研究所のローゼンバーグ博士が開発した悪性黒色腫に対して限定して反応するがんペプチドワクチンであり、その有効性が期待されていました。

 gp100ペプチドワクチンは、当初、臨床第2相試験での奏効率がネイチャー・メディシンに、42%(31人中13人に効果あり)と非常に高い効果が報告され、期待が高まりました(5)。

 続いて、第3相試験が行われましたが、全生存期間の有意(統計的に意味があること)な改善までは得られず、米国でも承認にまで至りませんでした(6)。

 進行悪性黒色腫に対して、このgp100と、イピリムマブとを直接比較した第3相ランダム化比較試験が行われ、その結果、gp100は、イピリムマブと比べて、有意に全生存期間が劣るという報告がなされました(生存期間中央値10.1か月対6.4か月で有意差ありP<0.003)(7)。この試験では、イピリムマブとgp100との併用療法も検討されましたが、イピリムマブとgp100との併用療法は、イピリムマブ単独で使うのと比べて効果は同程度であり、併用効果は認められませんでした。

 このように、がんペプチドワクチンは当初の期待とは裏腹に、有効性は証明できませんでした。

 こうして、免疫チェックポイント阻害剤が登場してから、免疫細胞療法やがんワクチン研究は、あっという間に下火となり、現在ではほとんど研究結果の報告がなされなくなったというのが世界の現状と思います。

 日本では、がんワクチンに対して、正しく報道がなされているとは言えないと思います。当のNHKも、がんペプチドワクチンのエルパモチドの研究が失敗に終わった結果を報道していません。

 インターネットでは相変わらず、がんワクチンが有効であるかのごとく宣伝されています。

 このため、患者さんはおろか、医師でも、がんワクチンが有効かのごとく信じてしまわれているという現状があります。

 先日も、ある内科医で、身内のかたが肉腫になり、インターネットで宣伝されているがんペプチドワクチンを自費で受けたと相談されました。200万円ほどしたそうですが、研究段階の治療であることの説明もなく、結果的にも効果はありませんでした。

 このように、一部の施設で、保険の利かない高額な自由診療として、がんワクチンを投与することが、現在でも行われているのは、困ったことと思います。

 がんワクチンは、これまで有効性が証明されたものは一つもなく、研究段階の治療薬です。研究段階の治療で、先進医療の指定も受けず、しかも、有効であるように宣伝され、高額な医療費を請求して治療を行っていることは倫理的にも問題があると思います。

2 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

katsumata

勝俣範之(かつまた・のりゆき)

 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

 1963年、山梨県生まれ。88年、富山医科薬科大卒。92年国立がんセンター中央病院内科レジデント。その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。04年ハーバード大学公衆衛生院留学。10年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科外来医長。2011年より現職。近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。がん薬物療法専門医。

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

高額ながんビジネス横行への警鐘

エンジェル

3月の連載以来、勝俣先生のコラムは欠かさず拝見しています。がん患者が困っていること、誤解、ミスしそうな日常の事柄が論文と例を根拠に分かりやすくま...

3月の連載以来、勝俣先生のコラムは欠かさず拝見しています。がん患者が困っていること、誤解、ミスしそうな日常の事柄が論文と例を根拠に分かりやすくまとめられていて、とても参考になります。先生の患者さんを救おうとする冷静さと温かさが伝わってきます。
世の中が先生のような良いお医者さんばかりでないことは、残念なことです。がんをビジネスと捉え、お金儲けをする人、詐欺まがいの人がいるのが現実です。
あなたが今受けようする治療は本当に効果があるものですか?一度冷静に考えてみましょう。
話は変わりますが、予後不良だった乳がん患者の治療薬、ハーセプチンを開発するまでの道のりを描いた映画の上映会を、勝俣先生の奥様が企画されたとの記事を目にしました。きっと奥様も素敵な方なのでしょうね。
先生のような激務の名医に患者さんが殺到してしまわないように、保険の範囲内で診療を行うたくさんの名医が世の中に誕生しますように。良心的な名医が評価され、報われる世の中であることを願っております。

つづきを読む

違反報告

保険適用外癌医療

予備軍

知人に、藁にもすがる思いで免疫療法を受け、高額な費用を払った甲斐もなく、亡くなった方がいます。「免疫療法を受けたからこそ、ここまで延命できたんだ...

知人に、藁にもすがる思いで免疫療法を受け、高額な費用を払った甲斐もなく、亡くなった方がいます。「免疫療法を受けたからこそ、ここまで延命できたんだ」と言わんばかりの医師に「ありがとうございました」と言うしか無かったに違いありません。
日本の医療は世界一だと聞いたことがありますが、仁術が求められる医者の中には、モラルの低い、患者の弱みに付け込む金満医師もたくさんいるに違いありません。患者さんのために日夜全力で接している医師の方々には頭がさがる思いですが、そういう医師にめぐり逢えるかどうか、もう、賭けみたいなものだとつくづく思います。
世界一と言われる保険制度から外れたものは疑ってかかったほうがいいようだということを痛感しました。有意義な話題、ありがとうございました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事