文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

なぜ乗り物に酔う?…揺れ、耳の感知に目が不適応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
なぜ乗り物に酔う?…揺れ、耳の感知に目が不適応

 夏休みの旅行を前に、ドライブやバスツアー、クルージングでの乗り物酔いを心配する人もいるのでは。人はどうして乗り物で酔うのだろう。

 地域医療機能推進機構東京新宿メディカルセンターの耳鼻咽喉科部長、石井正則さんは「酔いは、内耳の情報と眼球の動きのズレによって起こる」と説明する。

 耳の奥の内耳には三半規管があり、揺れや振動、傾きを感知して脳に伝えている。この情報は目にも伝わり、揺れに連動して眼球が動く。見ようとするものが止まって見えるよう、内耳からの揺れの情報に応じて微調整しているのだ。

 日頃感じる程度の揺れなら、目は対応できる。だが、急発進、急カーブなど慣れない揺れが続くと、目は追いつけなくなる。内耳からの情報と目の動きがズレることにより、脳内は混乱する。目を閉じたままでも同じだ。地面に立てたバットの先に額を当ててグルグル回ると、目を閉じていても目が回る。慣れない動きが内耳から伝わり、目が対応しきれなくなるのだ。

 ズレが起こると、脳が「異常」と判断し、自律神経が不安定になる。循環器や消化器などの活動を調整する自律神経が乱れることで、吐き気や頭痛など、酔いの症状が表れる。

 運転者が酔わないのは、車の動きを予測し、カーブに合わせて体を傾けるなど、内耳の情報と目の動きを無意識に一致させているためだ。慣れた道を通る時は、同乗者も揺れが予測でき、酔いにくい。

 このズレ以外にも、脳や自律神経に悪影響があると、さらに酔いやすくなる。排ガスの臭い、睡眠不足、疲れなどだ。中でも大きいのは「酔うんじゃないか」という不安感。乗り物への苦手意識や過去の車酔いの記憶が、脳を通じて自律神経を不安定にし、実際に酔ってしまう。

 このため、梅干しをへそに貼るなどの迷信的な酔い止め策も「本人が信じていれば、一定の効果がある」と石井さんは話している。

遠くを眺めて防ぐ

 酔いを防ぐには遠くの山などを眺めるとよい。本やスマートフォンの文字など揺れる一点を見つめていると、途切れない揺れの情報に目の動きが対応できなくなる。遠くの景色なら、車が揺れても景色は動かないので、目もついていきやすい。車やバスなら、進行方向が見える前方の席を選び、運転者のようにカーブに合わせて体を傾けるなどすれば酔いにくい。

 酔ってしまったら、リラックスするなどして自律神経を安定させるのが一番だ。

 「シートを倒して横になりましょう」と石井さん。窓を開けて風を浴びたり、船なら甲板に出て空気を吸ったりするのもよい。氷を口に入れると、冷たい水が胃に流れ、むかつきを抑える。あごを動かすと胃の働きが正常化するので、ガムをかむのもお勧めだ。

 一方、子どもが酔うからといって乗り物に乗せないのは、苦手意識を強めるだけだ。石井さんは「酔い止めを飲んだり、短時間だけ乗ったりしながら少しずつ慣れさせましょう」とアドバイスする。

乗り物酔いを防ぐには

 ・十分に睡眠をとって乗る。空腹や食べ過ぎの状態では乗らない

 ・不安が強いなら酔い止めを事前に服用

 ・きついネクタイやベルト、体を締め付ける服は着ない

 ・車は助手席、バスなら進行方向が見える前方の席へ。船は揺れが少ない中心部の、景色が見える席を選ぶ

 ・ゆっくり深呼吸し、リラックスする

 ・本やスマホは見ず、遠くの景色を見る

 ・乗っている最中は頭をグラグラ揺らさない

 ・時々換気し、新鮮な空気を吸う

 (石井さんの話をもとに作成)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事