文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

バーベキュー、食中毒注意…トングと箸使い分け、肉は十分加熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
バーベキュー、食中毒注意…トングと箸使い分け、肉は十分加熱

 夏は気温や湿度が高く、食中毒の原因となる細菌が増殖しやすい季節だ。

 近年はバーベキュー人気の高まりで、食中毒も相次ぎ、国の食品安全委員会が注意を呼びかけている。また、生野菜や浅漬けによる食中毒はあまり知られておらず、注意が必要だ。

 水戸市で5月、高校で行われたバーベキューに参加した生徒約20人が、腹痛や下痢などの食中毒の症状に襲われた。便からカンピロバクターが検出され、バーベキューの食材などが原因と断定された。

 神奈川県藤沢市では2015年6月、地引き網体験とバーベキュー大会で、焼き肉や生シラスなどを食べた男女138人が 嘔吐おうと や下痢などの症状を訴え、ノロウイルスなどが検出された。

 バーベキューが盛んに行われる夏が近づいたため、食品安全委員会は6月、食中毒への注意を呼びかけた。カンピロバクターは、主に家畜や野生動物の腸管内に生息し、人間には、鶏肉や飲料水、生野菜などを通じて感染することが多い。このほか オー 157などの腸管出血性大腸菌、サルモネラ菌などによる食中毒も夏場に多発している。ノロウイルスによる食中毒は冬場に多いが、夏にも発生している。いずれも加熱すれば死滅するが、生焼けなどで感染する事例が絶えない。中でも夏場に人気のバーベキューは、普段料理をしない人が担当したり、いつもとは違う器具で料理したりするため、注意が必要だ。

 消費者庁が昨年7月、インターネットを通じて2000人にアンケートしたところ、バーベキューの際に、生肉をつかむトングと、焼けた肉を取る箸を使い分けている人は56%、まな板や包丁を使い分けたり、切る順番を調整したりしている人は32%にとどまった。生肉をつかむトングが野菜に触れると、菌が付着する危険がある。

 食品安全委員会は「トングや箸はきちんと使い分け、肉は十分に加熱してほしい」と呼びかけている。

生野菜や浅漬けも

 一方、生野菜や浅漬けが原因で食中毒が発生していることは、あまり知られていない。

 静岡市では14年7月、花火大会の露店で冷やしキュウリを買って食べた人たちが、次々と腹痛や下痢などの症状を訴えた。患者は510人に上り、O157が検出された。冷やしキュウリは、調味液につけ込んだ浅漬けの一種。

 札幌市でも12年8月、ハクサイの浅漬けが原因でO157の集団食中毒が発生。169人が症状を訴え、4歳の女児や高齢者施設の入所者など8人が亡くなった。

 厚生労働省生活衛生・食品安全部監視安全課は「浅漬けはほかの漬物に比べ、塩分が少なく、細菌の繁殖を抑える効果も低い。食中毒は家庭でも発生していると推測される」と指摘する。

 健康志向の高まりで生野菜を食べる機会が増えていることから、国立感染症研究所細菌第一部長の大西真さんは、「生野菜には一定のリスクがあることを忘れがち。家庭でも、生野菜や調理器具の洗浄や殺菌をしっかり行い、調理の際に菌を付着させないように工夫を重ねることで、リスクをゼロに近づけることができる」とアドバイスしている。

食中毒予防のポイント

▽肉や魚介、野菜は新鮮なものを選び、冷蔵庫で保存する

▽食材に触る前後は、よく手を洗う

▽まな板は、使い終わる度に洗剤で洗い、熱湯や漂白剤で消毒する。まな板を「野菜用」「肉と魚用」と使い分ける方法も

 【バーベキュー】

▽肉や魚介類は、中心部まで十分火を通す

▽生肉はトングで扱うようにして、焼けた肉や野菜を食べる箸は使わない

 【野菜】

▽野菜は水をためたボウルに入れ、蛇口から水を流しながら洗う。レタスなどの葉物は1枚ずつばらばらにして洗う

▽複雑な形のブロッコリーなどは、小房に分けて洗ったり、熱湯で湯がいたりする

▽浅漬けは室温で放置せず、早めに食べるか、冷蔵庫で保存する

▽浅漬けを作る時は、一度使った調味液ではなく、新しいものを使う

 (食品安全委員会のホームページなどを基に作成)

 (斉藤保)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

最新記事