文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松永正訓の小児医療~常識のウソ

コラム

効いたよね、早めの風邪薬?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20160704ヨミドクター松永正訓の小児医療(1)xf3975161947o_500

 私たちの知識の中には意外と「常識のウソ」が多いものです。たとえば、「分かりやすい日本語を書くためには主語をはっきりさせろ」とよく言われます。本当にそうでしょうか? 次の文章を読んでみてください。

 “国境の長いトンネルを抜けると雪国であった”

 日本文学で最も有名な文章かもしれません。川端康成の「雪国」の最初の一文です。この文章の主語はどれでしょうか? どこにもありませんよね。私たちは中学生の時から英語教育に洗脳されているため、主語は必須だと考えてしまうのです。しかし日本語の最大の特徴は、主語を省略できることにあるのです。

 私は、小児がんの治療を専門として19年間にわたって大学病院の小児外科で手術や抗がん剤治療をおこなってきました。10年前にメスを捨てて小児クリニックの院長になり現在に至っています。従って、小児医療に対する「常識」のとらえ方が、生粋の小児科医や「子どもも診る内科医」や耳鼻科医とは少し異なっているかもしれません。また子どもの病気を「内科的」な面と「外科的」な面から見るという習性もあるでしょう。本日から始まる連載において、皆さんが持っている「常識」に対して、「それは本当ですか?」と問題提起をしてみたいと思っています。

そもそも風邪とは何か?

 ウイルスがのど・鼻に感染して炎症を引き起こしている状態を急性上気道炎、俗に風邪と言います。風邪をひくと、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・たんがらみ・せきなどの症状が出ます。のどが痛くなったり、発熱したり、頭や体の節々が痛くなったりすることもよくあります。ウイルスとは生物と無生物の間のようなモノです。遺伝子をたんぱく質が包んでいる、顕微鏡でも見えない微粒子です。風邪を起こすウイルスはおよそ200種類あると言われており、その数の多さと遺伝子が変異することから、人間は免疫を作ることができず、私たちは何度でも風邪をひきます。子どもの場合、年に平均6回風邪をひくというデータもあります。

 風邪は大変不快な症状を引き起こします。夜も眠れず、機嫌も悪くなるでしょう。少しでも早く風邪を治したいと誰もが考えるでしょう。ではもし風邪を放置したらどうなるのでしょうか? 

 くしゃみや鼻水はウイルスを体外に出すという効果があります。咳も痰を切ってウイルスを排出するという役割があります。従って風邪の諸症状は実は人間の防御反応でもあるのです。ちなみにウイルスもくしゃみや咳によってほかの人間に感染できるので、こうした症状は人間にもウイルスにも有利であるという解釈も成り立ちます。そしてやがて免疫細胞が働き始めますので、発熱は72時間くらいで、鼻水や咳は7日から10日くらいで治まります。つまり風邪の99%以上は自然に治ってしまうのです。

 このように言うと、「いや、うちの子は1か月も鼻水を垂らしている」という反論があるかもしれません。その子はおそらく集団保育を受けているはずです。ウイルスは生き物ではないので、自分自身の力では増殖することができません。人間に感染して、人間の細胞を利用して増殖するわけです。ですので、子どもの集団には必ずおびただしい数のウイルスが取り付いています。保育所(園)に通うお子さんは短期間にくり返し風邪ウイルスに感染しているのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsunaga_400-400

松永 正訓(まつなが・ただし)

 1961年、東京都生まれ。1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

 『運命の子 トリソミー  短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。著書に『小児がん外科医 君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

 ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

松永正訓の小児医療~常識のウソの一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

風邪の診断と類似重症疾患の対策の為の診断

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

風邪の処方は結構難しいですね。 普通に抗菌剤の処方をお願いされても困りますが、直後に海外出張の予定があり、こじらせた場合の抗菌剤をお願いされたら...

風邪の処方は結構難しいですね。
普通に抗菌剤の処方をお願いされても困りますが、直後に海外出張の予定があり、こじらせた場合の抗菌剤をお願いされたらやむを得ませんが、ニュースを賑わすような過剰診療は結果的に何かが起こった時の抗生剤の手段を減らしてしまいます。
多剤耐性菌の問題は薬品の適正使用と密接な関係にあります。

小児に限らず、「風邪なので薬ください」という患者さんは結構大変です。
風邪は積極的に診断するものではなく、除外診断です。
関節や頭痛で発症しやすい人もいますが、口や鼻、呼吸器の上気道症状で発症するのが多く、急性扁桃炎や気管支炎、肺炎などを除外したときの暫定的な診断としての風邪が一番正しいのではないかと思います。

こういうの真面目にやりすぎると、一般人の感覚とも乖離しますし、開業医や薬局の一部とも揉めますが、だからと言って、本当に一般人や商業的医療機関の意見に流されすぎたら、それはまた医師の権威への信頼に関わってきます。

実際、皆さんは仕事や勉強、テストを抱えている中で、医療と健康だけを基準に四角四面な医療を行うことが正しいとは思いませんが、理解したうえで、薬局や開業医での対症療法と2次以降の医療機関での根治的診断治療を併用していく必要があるかなと思います。

つづきを読む

違反報告

市販薬

カピバラさん

風邪、インフルエンザの根本治療に薬は効かないということは医師なら常識として知っているはずなのに、開業医で抗生剤まで処方するのは明らかに薬の過剰投...

風邪、インフルエンザの根本治療に薬は効かないということは医師なら常識として知っているはずなのに、開業医で抗生剤まで処方するのは明らかに薬の過剰投与、カネ儲けとしか映りません。冬になればCM連呼の市販の風邪薬も同じ、騙す製薬メーカーが悪いのか、はたまた騙される市民が愚かなのか。
私が風邪、インフルエンザ対策にしているのは、予防注射とイソジンでのうがい、そして歯磨き。マスク同様に口からの感染を防ぎます。と、これも素人療法、乗せられているだけでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事