文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

妊娠・育児・性の悩み

結婚、恋愛、セックスの相手を分ける女性(下)一人にすべてを求めたい…それはかなわない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
結婚、恋愛、セックスの相手を分ける女性(下)

 久しぶりに夜遊びに出かけ、ダーツバーのVIPルームで誘ってきた男性グループや、連れの女友達とシャンパンを開けました。女性は結婚指輪もしていましたし、夫や子どもがいることも会話の中で自然に明かしましたが、「そんな風に見えない!」「きれいだね」と、男性たちは、女性のことを褒めそやしました。

 「久しぶりに、男性からあからさまな好意を示され、女としてちやほやされて (うれ) しく、興奮を味わっていました」

 夜も更けた頃、連れの女友達は「終電があるから」と先に帰りました。どうしようか迷う女性に、最初に声をかけてきた、見た目が好みのあの若い男性が耳元でささやきました。

 「あなたのこと気に入っちゃったんだよね。一緒に2軒目に行こうよ」

 二人で2軒目に移って、しばらく飲みました。とっくに終電はなくなり、「帰ろうかな」と告げると、一回りほど年下のその彼は、「うちに来なよ」と誘ってきました。目的はもちろんわかっていました。

 (私はこんなに簡単に浮気する女なのかしら?)

  逡巡(しゅんじゅん) しながらも、久しぶりに高いヒールを履いた足は自宅の方向ではなく、彼と一緒にタクシーに向かっていました。彼の家で抱き合い、終えると、すぐにタクシーで自宅に戻りました。名前も電話番号も知らせない、行きずりのセックスでした。

 「行為そのものよりも、私は30代後半になり、子どもを産んだ後でも、まだ男からセックスしたいと思われる女だったと確認できたことが (うれ) しかったんです。けれども、やはり結婚しているので、罪悪感に悩まされました」

 「やってしまったことは仕方ない」。そう割り切れた頃、毎年恒例の高校時代の同窓会があり、親しい後輩の男性も来ていました。学生時代はそれぞれ別の恋人と交際していましたが、お互いに好みのタイプだったのでしょう。社会人になった頃から、たまに二人で飲みに行き、3~4回セックスもしたことがある相手でした。マスコミで働いている彼は、オシャレで見た目も好みなうえ、話題が豊富で一緒にいて飽きない男性でした。同窓会と2次会が終わった後、自宅が一緒の方向ということで同じタクシーに乗りました。しかし、行き先はラブホテルでした。暗黙の了解がありました。

 「今までに何度かそういうことがあった相手なので、今度はあまり抵抗感も罪悪感もありませんでした。おたがいに割り切った関係で、ベタベタ連絡を取り合うこともない。相手に特別な感情を持っていたわけでもなかったので、夫を裏切るという感覚はありませんでした」

 ところが、つい最近のことです。休日の夜、子どもを寝かしつけて二人きりになった時、おもむろに夫がセックスを求めてきたのです。

 (うわー!来たー!)

 女性は頭の中で焦りました。

 「夫とは半年ほどセックスがありませんでした。いろいろなものをあきらめてきた結果、もう夫とはしたくないと思っていましたが、そんなことは言えません。そう正直に言ってしまえば、家庭を守って穏やかに暮らしていくことはできなくなる。困ったなと思いましたが、応じるしかありませんでした。嫌悪感まではないものの、正直、早く終わってくれとばかり思っていました」

 「もう夫に期待をしない」と決めてから、パートナーとしては心の中で決別していました。それまではまったく育児や家事をしない夫にイライラし、しょっちゅう文句を言っていましたが、「期待しない」と決めてからは、淡々と家事や育児をこなし、表面的には穏やかな関係が続いていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップの一覧を見る

4件 のコメント

その人じゃなかったのです

まりあ

セックスレスで子育てに忙殺されている間、女性は静かに深く深く傷ついていきます。多分今でも正確には理解していないと思います。ご自分の傷の深さを。 ...

セックスレスで子育てに忙殺されている間、女性は静かに深く深く傷ついていきます。多分今でも正確には理解していないと思います。ご自分の傷の深さを。
婚姻関係にありながら外に心があるのは不誠実なことに見えると思いますが、長い時間をかけてご主人はあなたのお相手ではなくなったのです。または、もともと違ったのかも。
お子さんに対する責任を果たす意味で今の状態を維持するのはよい選択だと思います。今のうちに老後をイメージしておくことです。子どもたちが成長したとき、いつでも自由を選択できる状況を作っておくことが、心の安定につながります。
傷はけっこう後々まで残ります。
この結婚は自分で生きる力を得た、人生の月謝です。

つづきを読む

違反報告

旦那さんは変わろうとしている?

ネトゲ未亡人

>旦那さんは変わろうとしている それはないでしょww 私の夫も同じだからよく判りますよ。 (ただの同居人として扱うようになったら育児のお手伝いし...

>旦那さんは変わろうとしている
それはないでしょww
私の夫も同じだからよく判りますよ。
(ただの同居人として扱うようになったら育児のお手伝いしてみたり、お尻を触ってきたり。)
妻が家族を顧みない夫を労わって我慢している間は「惚れられているから大丈夫」とでも思っているのか際限なく増長するんですよね。
そして愛想をつかされると急にすり寄ってくるんです。
夫への気持ちを捨てきれない内はそんな態度に騙されて許してしまいますが(自分も許したいと思っていましたし)、その途端に元の木阿弥。
安易に信用して赦してはいけないんです。
何度も裏切られる内に、あなたの言う「非建設的な態度」を取らざるを得なくなるんです。
本当は相手に期待しないというのは平穏な生活をする上で一番重要なことなんですけどね。

それにしてもこういう男性って狩猟本能か何かなんでしょうかね?
どうして自分を愛してくれる優しい妻を蔑ろにして、自分に愛想をつかした妻のご機嫌を取ろうとするんでしょう?
獲物が自身を差し出してきたら狩にならない、生きの良い獲物が逃げるのを追うのが楽しいという事なんでしょうか?
ちょっと優しくすれば、女として興味があるというふりをすれば直ぐに機嫌が直るとでも思ってるんでしょうね。
相手にも心があるとは思わないんでしょうね。随分傲慢ですね。

つづきを読む

違反報告

なんかね

無し

距離が近ければ、そりゃ幻滅しやすいですよね。 自分が相手に対して持った結論を譲らないのは分かるけど、 もう少し夫婦としての努力をかんがえればいい...

距離が近ければ、そりゃ幻滅しやすいですよね。
自分が相手に対して持った結論を譲らないのは分かるけど、
もう少し夫婦としての努力をかんがえればいいじゃないですか、離婚しないなら。
すくなくとも旦那さんは変わろうとしている訳でしょ?
この奥さんの「何をいまさら」みたいな非建設的な姿勢は、今後意味を持たない。
体裁のために離婚しない。でも旦那と分かりあうつもりもない。
旦那に求めない所は、他の男で補う。
まるで世界の真ん中に自分がいるみたいな考え方。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事