文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

応用進む高気圧酸素治療…放射線の副作用にも効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 潜水作業中の急浮上で起こる減圧症や、一酸化炭素中毒の治療法として普及した高気圧酸素治療が、他の病気の治療法としても注目されている。がんの放射線治療後、周りの組織の粘膜に起こる副作用にも効果があり、がんは治っても別の苦しみを抱えた患者を回復させている。(佐藤光展)  この治療は、密閉式の装置に患者が入り、気圧を2気圧~2・8気圧に高めて行う。患者は椅子に座るか、ベッドに横たわった状態でマスクを着け…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事