文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

7件 のコメント

コメントを書く

スマホは出さない。

peacefulママ

乳幼児、二児の母です。
1人目出産後、わからないことだらけで、授乳中に検索魔になっていました。
あんなに可愛いひととき、今度は一瞬たりとも見逃したくないと、2人目出産後は子供達が起きてる間はスマホ禁止にしていました。

しかし上の子がイヤイヤ期マックスに。
私も栄養不足の寝不足でイライラしがちになり、五分でいいから一人きりで深呼吸したくなります。
目が離せない状態なのでそうもいかず、ついついスマホに逃げてしまっていました。

でも、先日、こどもが2人同時に昼寝してくれたので、仕事が休みだった夫に何気なく話をふったら、夫はスマホで阪神タイガースの記事に夢中。
そんな時間も欲しいよね、と思いながらも、なんだか寂しさと虚しさが押し寄せ、どっと疲れました。

この経験から、やはりこどもの前でスマホは出さないと決めました。
これは昼寝中に書いてます。

どうせそのうちこどもには相手にされなくなるし(笑)、その時に充分楽しみます。

でもお仕事抱えてるママさんは、そうもいかないですよね。
スマホとのスマートな付き合い方、これからも考えたいです。

違反報告

耳と心が痛いです…

ゆずこ

スマホ、ついつい見てしまいます。
3歳と0歳の兄妹がいますが、先日寝る前の絵本を読んでる最中、息子が喉が渇いたからお水を飲んでくるというので、行っておいで〜と言うと、
ママはスマホ見て待っててね
と言われてしまいました。。
意識して気をつけるようにしてたんですが、最近値の張るものを買うのにスマホで情報収集してて、確かに見てる時間長かった気がします。
そんなタイミング良すぎなこの記事でした…
わたしも、急ぎの用でない限りは、子供が寝てから使用するよう心がけます!

違反報告

スマートウォッチで

ぽれぽれ

通知機能と歩数計のみのスマートウォッチを装着して、スマホとペアリングしてます。
bluetoothのつながる範囲にスマホがあれば、通知をプッシュしてくれるので、大事な通知や着信を逃さずにすみ、携帯から解放されました。それからは子育てにも余裕を持って取り組めている気がします。
ゲームできるとか、メールに返信できるとか、あまりに賢いスマートウォッチだと意味はなさそうですが、、

違反報告

お仕事中としたら?

みのーたん

タブレットは今や必要不可欠な仕事ツールだし、在宅ワークなら仕方ないことじゃないでしょうか。4歳児なら言えばわかるので、仕事中とキッパリ言えば良いかと。そうでない時はタブレットを手の届かない、視界から離しておくなどメリハリをつけたらどうですか。スマホと違い、身に着けるものではないので。
子供の意識がこちらに向いているときにはスマホならメールチェック程度にして、じっくり見たいときは夜布団の中や早朝一人にするようにしています。慣れてしまっているものはなかなか難しいけど、自分の意識次第かと思います。

違反報告

注意!

サービスの神

やはり使いすぎは考え物ですね。なるべく使わないようにしています。

違反報告

外に出る

てんちゃ

家に入るとどうしてもスマホに手が伸びてしまうので、外出するようにしています。外では絶対スマホは使わない事にしているので。実際、幼児を連れていればそんなもの見てる場合ではないですしね。

上の子はもう今年で5歳になるので、あんまり母親がベッタリ横についているのもどうかと思って、家で静かに遊んでいる時はそっとしておいて、私は別室で家事やスマホや読書など、自分のやりたい事をする時間も意識的に取っています。

ママは24時間365日フルで自分たちに対応するのが当たり前だと、子供達に思われるのも嫌だなと思いまして。

違反報告

信頼を積み重ねる

パートナーシップ

海外の女性の友人から教わった事ですが。
子供にはあと何分(何秒)で終わるからと言って、それを「必ず守る」。
1分と言ったら「きっちり1分」、20秒と言ったら「きっちり20秒」。
子供との約束を裏切らないで、とにかく信頼を積み重ねるらしいです。
参考程度です。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。