文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

8週間、性交渉を控えるなど…ジカ熱の注意情報更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ブラジルなどで感染が広がるジカウイルス感染症(ジカ熱)について、国立感染症研究所は15日、ホームページ上で公表している注意情報を更新すると発表した。

 ジカ熱は蚊が媒介するほか、性交渉でも感染する。妊婦が感染すると、小頭症の赤ちゃんが生まれるリスクが高まる。

 新しい注意情報では、流行地から帰国した場合、症状がなくても、8週間は性交渉を控えるか、コンドームを使用すべきだとした。

 発症後41日間は感染力が残っている可能性があるなどの研究結果が明らかになったため、現行の4週間を2倍に延ばした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事