文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

虹色百話~性的マイノリティーへの招待

医療・健康・介護のコラム

第46話 性的マイノリティーの「家探しはつらいよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「LGBTが中野に住む」とは?

性的マイノリティーの「家探しはつらいよ」

今回のイベントは中野区の後援をもらったので、メンバーで手分けし、区内各所のお知らせ掲示板に堂々と掲示しました。

 最近メディアに躍る「セクシュアルマイノリティー」とか「LGBT」という言葉から、なにをイメージするでしょう。華やかな同性ウェディング? 企業の成長戦略の要といわれる多様性ある人材? ポップカルチャーを 牽引(けんいん) する才能豊かなアーティスト? 注目を寄せる企業や性的マイノリティーへの理解を表明する「アライ」の人びと? ……関心が高まることで、社会もじんわりと変化を始めているようです。

 その一方、この連載ではメディアの「絵」になりにくい、素のままの性的マイノリティーの日常をお伝えできればと思っています。

 日常生活の基本は衣食住。性的マイノリティーの場合、私はそれを「医・職・住」と読み替えてみました。入院時の同性パートナーの面会をはじめとする医療での対応、就活や在職中など職場の問題、そして住まいをめぐる性的マイノリティーならではの困難、などなど。

  第38話「住民としての性的マイノリティー」 でもご紹介した、中野区内の当事者が結成した団体「中野にじねっと」では、区民・生活者としての視点を大事にした活動を続けています(私も参加しています)。さる5月4日には、「LGBT×住まい~LGBTが中野に住む。」と題したトーク&シンポジウムを開催。区民の当事者スピーカーのほか、中野区役所の住宅担当、大手住宅紹介サイト担当者などが登壇し、区内外から100人を超える参加者を集める、中身の濃いイベントとなりました。

 同時に中野にじねっとでは、住宅にまつわるアンケートを実施。同性愛の人、トランスジェンダーの人、さまざまな立場からリアルな声がよせられました。きょうはそれをご紹介したいと思います(メンバーの頑張りで、5月15日締め切りで213件の回答になりました)。

住宅をめぐるネットアンケートの声

  性的マイノリティーと住まいの困難といえば、まずあげられるのが、同性カップルでの賃貸難です。

 ・男性2人というだけで不動産屋から難色を示された。

 ・年齢差があるカップルだったので、友だち同士という説明ができずに苦労した。

 ・ルームシェアだと初期費用が2倍になると言われたり、男性2人での入居は身内に限ると言われたり、さまざまな制約がありました。

 ・女性2人(友だち同士と称する)だと 喧嘩(けんか) して出て行くことがあるとのことで、連帯保証人は、自分とパートナーそれぞれ別々に書かされた。

 見かけが男女なら、こんなに言われないのでしょうね。トークでは、内見時に女性2人で「寝室は一つでいい」と言ったら、担当者に薄ら笑いされたという体験談も(失礼ね!)。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

永易写真400

永易至文(ながやす・しぶん)

1966年、愛媛県生まれ。東京大学文学部(中国文学科)卒。人文・教育書系の出版社を経て2001年からフリーランス。ゲイコミュニティーの活動に参加する一方、ライターとしてゲイの老後やHIV陽性者の問題をテーマとする。2013年、行政書士の資格を取得、性的マイノリティサポートに強い東中野さくら行政書士事務所を開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、事務局長就任。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』『同性パートナー生活読本』など。

虹色百話~性的マイノリティーへの招待の一覧を見る

<PR情報>

1件 のコメント

やっぱりカミングアウトか!

カイカタ

言わなければ差し障りない、ということでカミングアウトしなければいいのかということですよね。嘘をつきたくないという以上に、こういう問題がありますよ...

言わなければ差し障りない、ということでカミングアウトしなければいいのかということですよね。嘘をつきたくないという以上に、こういう問題がありますよね。カミングアウトして存在を知らしめ慣れてもらいましょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事