文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

カビと健康

元気なう

[カビと健康](3)梅雨の繁殖で夏に肺炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[カビと健康](3)梅雨の繁殖で夏に肺炎

 梅雨は、カビが繁殖するのに絶好の季節だ。気温が上がり、ジメジメして、家の中の空気もよどみやすい。カビが原因の病気で、6~10月頃に増えるのが、夏型過敏性肺炎だ。

 トリコスポロンという菌を吸い込むことで起こる。アレルギー性で、空せきや発熱などを繰り返し、だんだん息苦しくなる。旅行などで家を離れると症状が軽くなったり、毎年夏を中心に症状が表れたりする人は、この病気の可能性がある。風邪が治りにくいと思ったら、呼吸器内科などで原因を調べてもらった方がいい。

 治療法は、カビからの隔離に加え、ステロイド剤で炎症を鎮めるのが一般的。慢性化すると、肺が線維化して硬くなり、呼吸ができなくなる。一度壊れた肺の組織は元に戻らない。肺に十分な酸素を送るための在宅酸素療法や、重症化すると、肺移植が必要になることもある。

 毎年新たに500人ほどの患者が出るとされる。千葉大学真菌医学研究センター教授の亀井克彦さんは「しつこい夏かぜや気管支炎と診断され、知らない間に病状が進んでしまうことがある。もっと多くの患者が埋もれていると思う」と話す。患者に中年女性が目立つのは、この菌が好む台所や風呂場などで、家事をする機会が多いためとみられる。

 予防の基本は発生源を断つことだ。「命にかかわるので、ハウスクリーニングをしても症状が収まらなければ、引っ越しを勧めます」と亀井さん。水回りを中心に掃除や換気をこまめに行い、清潔と乾燥を保つことが大切だ。(赤津良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

元気なうの一覧を見る

カビと健康

最新記事