文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点

コラム

がんに効く?食事療法の嘘(下)食事療法を信じていたNさんの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「食事療法でがんが治ると信じていました」

 卵巣がんで腹膜に転移、再発した50代のNさんが私の外来を受診しました。

 Nさんは、卵巣がんと診断され、手術を受けたものの、手術後の抗がん剤を拒否して、自然療法や、免疫療法などをやっていたそうです。

 抗がん剤を拒否したのは、インターネットや近藤誠先生の書籍で、「抗がん剤は毒であり、全く効果なし」という話を信じてしまったためでした。

 がんと診断され、子宮や卵巣を取る大きな手術を受けたことだけでも、Nさんには、大変なショックでした。その上、手術後に
 「すぐに抗がん剤をはじめた方が良い」
 と主治医から言われ、すぐには受け入れられなかったというのです。

 そのような際に、『抗がん剤は受けなくても良い』というささやきは、
 Nさんにとっては、救いの声だったのではないでしょうか。

 Nさんは、抗がん剤治療を拒否した後、自分で何とかしようと、自然療法をはじめました。

 そこは、有名人も通う有名な施行院でした。

 施行院のひげの先生から、
 「がんになったのは、あなたの心と食事が悪かったせいだ。病院の薬を一切 () めて、自然療法をするように。そうすれば、必ずがんは治る」
 と言われ、ひげの先生の自然療法に取り組むことにしました。

 最初の3か月間は、肉類、糖分、炭水化物を一切やめる食事療法に取り組み、コーヒーを使ったコーヒー 浣腸(かんちょう) もやりました。

 その後も、肉を () らず、野菜中心の食生活を行い、勧められた特別なサプリメントを毎日飲みました。

自然療法の驚きの治療費

 Nさんが行った自然療法の治療費は、どうだったのかというと、
 1回の治療費は、1万2000円で、月12回前後通いました。

 サプリメントは、乳酸菌系・きのこ系・活性酸素除去らしいサプリメント・漢方薬など月20万円位。
 体に良いらしい腹巻き3万円・タオルケット5万円・食事が良くなるランチョンマット1万2000円などなども、勧められるままに買ってしまいました。

 加えて、大量ビタミンC療法を毎月行い、計240万円。

 Nさんが、自然療法、免疫療法に費やした総額は700万円にもなりました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

katsumata

勝俣範之(かつまた・のりゆき)

 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

 1963年、山梨県生まれ。88年、富山医科薬科大卒。92年国立がんセンター中央病院内科レジデント。その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。04年ハーバード大学公衆衛生院留学。10年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科外来医長。2011年より現職。近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。がん薬物療法専門医。

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

詐欺行為を許せない

不安

このヒゲの先生、詐欺師だと思います。患者さんの弱みにつけこんでいるので、尚更悪質ですね。おそらく、勝俣先生も、ヒゲの先生のことを悪質な詐欺師だと...

このヒゲの先生、詐欺師だと思います。患者さんの弱みにつけこんでいるので、尚更悪質ですね。おそらく、勝俣先生も、ヒゲの先生のことを悪質な詐欺師だと思っていらっしゃると思います。
詐欺行為は立派な犯罪だと思います。なぜこのようなヒゲの先生が警察のご厄介にならないのか。おそらくは、患者さんに依頼されたから私は面倒を見たのだ、と言うのではないかと思います。
ヒゲの先生、もし医者でないなら「医療行為」はできないはずですし、もししたら犯罪行為です。精神修行的な道場主なのでしょうか。だとしたら周囲からは文句が言えないかもしれませんね。
もし万が一お医者様であったら、これはもう、日本の医学教育が根本から揺らぐ事態だという気がします。
わらにもすがる思いの弱い立場の患者さんが可哀想過ぎます。こんな詐欺被害にあう患者さんが一人でも救われるよう、まともなお医者様たちはもっともっと警鐘を鳴らすべきではないでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事