文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

妊娠・育児・性の悩み

発達障害の疑いがある夫を持つ40代女性のその後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまでこの連載で取材をさせていただいた方は、その後もやり取りを続けていることが多いのですが、今回は昨年6月から7月にかけて、3回に分けて紹介した女性のその後です。

40代女性(上)セックスレスの原因…出産、夫の単身赴任、いじめ、孤独感、家族の障害

40代女性(中)夫以外の男性との出会い 揺れる思いに高まる欲求、そして…

40代女性(下)身も心もしっかりつながりたい…淡泊な夫とついに別居

発達障害の疑いがある夫を持つ40代女性のその後

 アスペルガー傾向のある夫と別居し、新たな一歩を踏み出したこの女性とはその後もちょこちょこ会ってお話を伺い、つい最近、「この春、産業カウンセラーの試験に合格しました!」と連絡がありました。そこでお祝いも兼ねて近況を伺い、前向きに自分の道を歩んでいる姿を、皆様にもご紹介することにしました。

 この方、メールの言葉の選び方もとても鋭く、いつも「この人は自分をわかってもらいたいと願っている。表現したいと思っている」と感じていたので、今回、「今のご自身の心境を文章でまとめられたらどうですか?」と持ちかけてみました。すると、しばらくしてから、書いたものを送ってくださいました。とても思いが伝わる文章ですので、次回は、この女性の寄稿文を掲載します。どうぞ併せてご覧ください。

カウンセリングの勉強とトラウマ治療

 これまでの詳しい経緯は過去の記事を読んで頂くとして、別居後、女性がカウンセリングの資格取得を目指したのは、夫婦関係に影を落としている自分の過去にしっかり向き合ってみたかったこと、そして、「自分に自信を付けたかったこと」が動機でした。

 「私は今、経済的に自立できていないし、支配的な両親の影響もあって、ずっと自分の判断に常に自信がなかった。自分がやりたいことをやりたいと言ったら、きっと周りが『なんでそんなことするの?』と否定するのだろうと思ってしまい、周りの意見を聞いてからでないと動くことができなかったのです。つまらない例を出せば、洋服だって自分で選んだものに自信がなかった。カウンセリングの勉強をして、自分自身の問題を分析したいという思いもありましたが、この資格を取ることができたら、確実に一つ自分の努力でつかんだことになる。そういう具体的な何かが欲しかったんです」

 産業カウンセラーの資格講座は1年近く続き、受講生同士のカウンセリング実習も多い授業でした。若い人たちの中で、結婚して子供を産んでいる専業主婦は女性だけ。家族関係や外での人間関係について、互いにカウンセリングを実践しているうちに、女性は徐々に、自分の問題に気付いていったと言います。

 「私が好きになる人は弱い人ばかりで、私は、夫にも『あなたは弱い』と指摘して傷つけていました。夫を弱者として世話をすることで、自分の力を感じ、自分の居場所を得ていたのだと思います。それは私が本当には自信がなかったから。本当に力を持っている人は弱い人に接する時、そんなパワーの使い方をしない。その人の力を引き出すことをしてあげるはずです」

 女性はカウンセリングの勉強と並行して、心療内科に通いました。自身の考え方の癖に気づき、適切な考え方に修正していく「認知行動療法」などのトラウマ治療も行いました。過去における両親や夫との関係について分析していくうちに、自分の存在を誰かに認められ、評価されることで安心するという癖が全ての関係に影響していることに気付きました。

 「本当は親にしてもらいたかったことを、恋愛相手に求めてしまう。相手はそれが負担になって、逃げ回るようになり、うまくいかなくなるということの繰り返しでした」

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップの一覧を見る

5件 のコメント

我が家も・・・

ari

 結婚後、徐々に違和感を増していった夫の言動。夫かしでかしたことで私(妻)が困ってもわからないというレベルではなく、その理由をその状況を説明され...

 結婚後、徐々に違和感を増していった夫の言動。夫かしでかしたことで私(妻)が困ってもわからないというレベルではなく、その理由をその状況を説明されても、「茶化してお終い」ならいい方で「捨て台詞を残して立ち去り、後始末はしない」が当たり前の人でした。決して謝ることなどしたことがありません。自分の始末をつけるなど考えられないようでした。
 長男にアスぺの診断が出て、療育先で教わったことが面白いように通じる夫。なるほどと思いました。
 しかし、ある時、夫が長年隠れてやっていた大きな隠し事(施設に入った自分の親の預貯金を使い続けた、自分の子供のお金に手を付けた、家族のもの盗む・壊すは多々)が発覚し、その補填を私に求めたのです。当然、そのような補填が出来るわけもなく、私一人で抱えられる案件でもないことを夫に伝えましたが、納得しませんでした。あまりに執拗な補填の要求があったため夫親戚に相談しましたが、夫は何がいけないのか理解できないようで、私を責めました。身の危険を感じるほどでしたので別居しています。 
 別居していても「家族=自分の困ったを解決して当然」という夫の理屈があるようで(家族が困っても自分が助けようとは絶対に思わない。家族の生活の窮状を訴えようが、自分の要求のしか関心なし)、今も信じられないような多々出されます。
 これ以上被害を受けないように、夫から子供を守るために、「離婚」を考えています。息子の療育先の医師曰く「逃げる権利はある」だそうです。
 

つづきを読む

違反報告

複雑な発達障害とIQ76の夫

さやか

お見合いで結婚して36年。68歳の夫は7年前に学習障害とアスペルガーが混じっていて、更にIQ76のボーダーと診断されました。結婚してすぐに、主人...

お見合いで結婚して36年。68歳の夫は7年前に学習障害とアスペルガーが混じっていて、更にIQ76のボーダーと診断されました。結婚してすぐに、主人の異常に気が付きました。コミュニケーションが取り辛く、空気が読めない。酷い言葉で私を傷つける。更に読み書きができません。夫の実家に喫茶店を買って貰い経営していますが、20年近く収入はほぼゼロです。私の姉が生活費の面倒をみてくれています。大黒柱でありながら、こんな状況が平気で自分の事しか考えられず、マイペースで自分のやりたい事だけして生きています。私は18年前からパニック障害と軽度の鬱を発症して、ずっと薬がないと生活出来なくなりました。カードローンに手を出したり、使ってはいけないお金を黙って使ってしまったり、手に負えません。良好な関係性など築けるわけもなく、途方にくれています。

つづきを読む

違反報告

どうして…

もこ

この女性ですが、息子君が夫から暴言や暴力を振るわれているのに、なぜ夫の元に置いているのでしょうか?娘ちゃんも可哀想と泣いたり作文に書いたりしてい...

この女性ですが、息子君が夫から暴言や暴力を振るわれているのに、なぜ夫の元に置いているのでしょうか?娘ちゃんも可哀想と泣いたり作文に書いたりしているのに…。その上アトピーなのに掃除していない家。夫一人なら独身男性ならこんな物で済ませて良いですが、このまま見過ごすのは息子君にとってはネグレクトになると思います。アトピー云々よりも、夫が息子に暴力を振るわれているのを知りながら夫の元に置いている事が既にネグレクトですけどね。息子も夫と同じ発達障害があるので2人を一緒にさせて自分は関係ないって感じですかね⁈キツイ言い方になりましたが、一番に助けが必要なのは息子君では?年下の整体師との関係を悩む前に息子君の事をまず第一に考えて欲しいです。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事