文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ボクシング元世界チャンピオン 竹原慎二さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[ボクシング元世界チャンピオン 竹原慎二さん]膀胱がん(2)世界奪取に「やればできる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[ボクシング元世界チャンピオン 竹原慎二さん]膀胱がん(2)世界奪取に「やればできる」

 同じ広島県出身の会長のいるジムに入った。朝6時頃に起き、午後3時まで内装会社の職人見習いとして働き、同5時からジムで2時間練習。掃除をして、すきま風の入るアパートに帰る毎日だった。昼間に肉体労働した後だから、練習はきつかった。

 ジムで真剣に練習している人たちを見て、父がボクシングを勧めた意味がわかってきた。「同じ年頃の子も頑張っている。負けるものかと思いました」。スタミナ切れの原因ともなるたばこをやめた。もう、けんかはしないと誓った。

 1メートル86、70キロ余と日本人では大柄だったので、17階級中5番目に重いミドル級を選んだ。連戦連勝で全日本、東洋太平洋チャンピオンになった。

 「どんな強い相手にも、正々堂々と闘うだけ。勝つたびに自信がつき、ファンが増えるのも励みになり、苦しい練習もできた」

 上京して8年目の1995年、世界タイトルマッチに挑んだ。アルゼンチン人のチャンピオンは4回防衛しており、一度もダウン経験のない強敵だった。

 日本人がこの階級で勝てるとは思われていなかった。世界戦なのに生中継はなく、深夜の放送になった。この悔しさもバネに、第3ラウンドにダウンを奪い、12回3対0で判定勝ち。「やればできる」とつぶやいた。

 だが、防衛戦を控え、目に致命的な異変が起きた。

 

  ボクシング元世界チャンピオン  (たけ)(はら)   (しん)() さん(44)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

ボクシング元世界チャンピオン 竹原慎二さん

最新記事