文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活

健康・ダイエット・エクササイズ

食器のご提案だけで、患者さんのご家族が笑顔になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
食器などを工夫すれば在宅介護はぐっと楽になります

食器などを工夫すれば在宅介護はぐっと楽になります

 私が所属するクリニックは仙台市内にありますが、活動場所は「院内」ではなく「地域」です。毎日、車で仙台市内を走っていますと、タクシーの運転手さん並みに道路に詳しくなります。

 在宅医療に関わっている管理栄養士は、全国的に多くありません。一般社団法人日本在宅栄養管理学会の認定を受けた「在宅訪問管理栄養士」は、全国で約450名です。そのうち、実際に患者さんの自宅などを訪問している管理栄養士は約3割(平成26年度老人保健事業推進等補助金老人保健増進等事業『管理栄養士による在宅高齢者の栄養管理のあり方に関する調査』より)ですので、まだまだ数が少ないのが現状です。

 訪問診療、訪問看護、訪問薬剤指導、訪問リハビリテーション、訪問歯科など、ほとんどの専門職が在宅医療に関わっていますが、「訪問できる管理栄養士が地域のどこにいるのかわからない」と、地元のケアマネジャーによく言われます。

 かつては、病院の管理栄養士として働いていた私が、なぜ在宅医療に関わることになったのか、今から10年前にさかのぼってみたいと思います。

 私は、2006年の春に仙台にやってきて、その年の夏には市内の「精神科長期療養型病院」に採用されました。重度の精神疾患のために自宅や施設では生活が難しい方や、医療的なケアが常に必要な方、認知症の進行で家族や施設での介護が難しい方などが入院されていました。

 ある日、退院して自宅に戻られることになった患者さんのご家族が、食事のことで相談したいと、「退院時栄養食事指導」を希望されました。ご家族が待つ部屋へ行くと、50代くらいの女性が、とても不安そうな顔をされています。

 「なにか食事のことで心配なことがありますか?」と聞くと、「何をどれだけ食べさせたらいいのか、わからなくて」とおっしゃるので、病院で提供していた食事について説明しました。

 「糖尿病や腎臓病などはありませんので、ご家族と同じ食事で大丈夫です。少し量を控えめにして、硬い食材は避けて、野菜類はやわらかく () でれば大丈夫ですよ」とお話ししました。

 しかし、不安そうな表情は変わりません。

 「他にも何か心配なことがありますか? なんでも聞いてくださいね」と促すと、少しためらいながら、

 「あの…うちのおばあちゃん、手の震えがあってお 味噌(みそ) 汁のお (わん) が持てないのですが、どうしたらいいのでしょう?」

 と深刻な面持ちで尋ねたのです。

 「それなら汁椀を使わずに、軽いプラスチックのマグカップに、浅くお味噌汁を入れたらどうでしょう。患者さんも持ちやすいですよ」とアドバイスしました。

 ご家族は、「ああ…そうか! そうよね。別に食器にこだわらなくてもいいんだものね。本人が使いやすい方法にすればいいのよね!」

 と、急に表情が明るくなり、「なんだか、自宅での介護ができそうな気がしてきました。栄養士さん、ほんとに相談に乗っていただいてありがとうございました」と言われたのです。

 「プラスチック食器の使用」という小さな提案をしただけで、不安げだったご家族が笑顔になったことに、逆に私が驚いてしまいました。「味噌汁は汁椀に盛り付けないとならない」という固定観念を壊して、「やりやすいように変えればよいのだ」ということに気づかれたことが、様々な面でその後の療養生活のヒントになったのかもしれません。

 この出来事があってから、退院後の患者さんとご家族が、その後どんな食生活を送っているのかが、気になるようになりました。

 その頃、ちょうど介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験のために必要な「実務経験5年」に達していたため、試験を受け、合格しました。

 介護支援専門員の資格を取った後、長女を出産するために病院の仕事を辞めて主婦をしていましたが、長女が1歳になるのを機に、ケアマネジャーのパートを始めることにしました。

 管理栄養士時代の経験から、医療的ケアが必要な方のケアプラン(介護保険サービスの利用計画)が、どのように作成されているのかに興味があり、仙台市内の訪問看護ステーションに併設された、居宅介護支援事業所に勤務することになりました。

 ある日、私の上司である主任ケアマネジャーから、40代の男性利用者Aさんの食事について、相談がありました。Aさんは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という次第に運動神経が障害されていく難病の患者さんでした。この病気は、進行すると徐々に食べ物を飲みこむ機能が低下していきます。

 最近、普通の食べ物だとうまく飲み込めず、むせて苦しいから、何か食べやすいメニューを教えてほしい」との要望でしたので、何品かの「飲み込みやすい料理」を考え、レシピを印刷してお渡ししました。

 その料理を食べたAさんから、「久しぶりにむせずに 美味(おい) しく食べることができました、ありがとう」との伝言がありました。

 しばらくして、上司が訪問する際に同行し、実際にその方にお会いしました。難病と向き合いながら、奥様や訪問看護師、介護員などのサポートを受けて、ご自宅で自分らしく暮らしている様子を拝見して、私は感動しました。

 私が自分の進みたい道がはっきりと見えたのはこのときでした。

 ご自宅で様々な病気の療養をされている患者さんの元に、ケアマネジャーとしてではなく、管理栄養士として出向いて、少しでも豊かな食生活のお手伝いをしたい――。

 今は訪問管理栄養士として活動していますが、ケアマネジャーの仕事をしたことは、とても貴重な経験でした。ケアプランの仕組みや、介護保険における支援とはどうあるべきか、他職種との連携の重要性など、仕事を通して学ぶことができました。その経験があるからこそ、ケアマネジャーとの連携の重要性を常に感じています。「食を通じて、医療と介護の橋渡し役になる」ということも、私の大切な任務であると思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

塩野崎顔2_100

塩野崎淳子(しおのざき・じゅんこ)

 「訪問栄養サポートセンター仙台(むらた日帰り外科手術WOCクリニック内)」在宅訪問管理栄養士

 1978年、大阪府生まれ。2001年、女子栄養大学栄養学部卒。栄養士・管理栄養士・介護支援専門員。長期療養型病院勤務を経て、2010年、訪問看護ステーションの介護支援専門員(ケアマネジャー)として在宅療養者の支援を行う。現在は在宅訪問管理栄養士として活動。

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事