文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

2件 のコメント

コメントを書く

正しい情報はどこで手にはいりますか?

太郎

「間違った情報に左右されないで、正しい情報を知って、楽しい食生活を送ってほしいと思います。」

そのとおりだと思いますが、患者やその家族や患者予備軍は正しい情報がどれなのか、解らないで困っているのではないでしょうか。本屋さんにはものすごい量の情報が溢れており、いずれも医学者として立派な(と思われる)方々が自信満々に書いているので、一般人は信じてしまいます。

風邪を引いて熱があるとき、熱い風呂に入るべきか、ぬるい風呂に入るべきか、すら、はっきりしません。解熱剤を飲むべきかどうか、はっきり分かりません。飲む方にも一理あり、飲まない方にも一理あります。正しい情報は何なんでしょう?というのと同じで、一般人にはわからないのです。正しい情報を知りたくて、こうした記事を読んでいるのです。

違反報告

副作用対策の食事療法

すずめの父

すい臓がんの抗がん剤治療を続けています。私は,食事療法でがんと直接向き合うつもりはありません。抗がん剤の副作用を和らげる目的で,がん予防の食事療法を続けています。野菜,全粒粉,低脂肪の肉,魚,減塩などです。厳格ではなく,ちょくちょく脇道に逸れます。
6年ほどの経験で,がん予防の食事療法は免疫力を高めているように感じます。口内炎が悪化することなく治る,風邪が治るのが分かる・・などの効果がありました。抗がん剤治療の副作用を軽減する効果もあると考えています。嘔吐感を防ぐ,下痢もひどくない,白血球濃度が高い,・・・比較的順調なので効果があるのかなと思います。
副作用対策の観点で,先生の見解をお教えください。私は,消化器が受け付ける範囲で,食事療法を続けようと考えています。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。