文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【現状と課題】“延命至上主義”が高齢者の最期を苦しめる

 日本の高齢者の病棟。胃ろうが行われ、手足の関節は拘縮し、気管切開もされている。喀痰吸引や気管チューブ交換の時は、患者は体を震わせて苦しむ

無断転載・複製を禁じます。

back 記事に戻る