文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

中野未佳の高齢者にやさしいシルバーレシピ

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

フキとがんもどきの含め煮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
20160526_F

春野菜の苦みを楽しみましょう

 こんにちは。今回はフキを使ったレシピのご紹介です。フキ、山菜、タケノコといった春野菜は独特の苦みがありますね。「春の皿には苦みを盛れ」という言葉がありますが、苦みのある野菜を食べる事で、冬の間に低下した代謝の促進や、ため込んだ老廃物の排泄効果が期待されます。また春は気温差も大きく、体温調整機能が低下しやすいシルバー世代は体調を崩しがちです。苦み成分は自律神経に働きかけ、体温調整機能も整える効果もあるそうです。

 また生のフキは色が変わりやすいので、購入後、すぐ下ゆですることで色止めアク抜きできます。また下ゆで、加熱後、急冷することで鮮やかな緑色を保てます。

[ 作り方 ]

20160526_R

(1) フキは鍋に入る大きさにカットし、分量外の塩をまぶし、よく板ずりする

(2) 鍋に湯を沸かし(1)をゆで、氷水にさらし、よく冷ましてから皮をむき3cmにカットする

(3) 別の鍋に(A)を合わせ沸騰させ、フキ、がんもどきを加え、落とし蓋をして中火で煮る

(4) 皿に盛り付け、削り節を添える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakano_100

中野未佳(なかの みか)

管理栄養士、介護食士2級、正調理指導師、健康咀嚼指導士
料理教室、弁当や総菜を販売する中食企業においてメニュー提案・指導に携わる。製菓業界で製造を経験し、お菓子作りも得意。最近は病院、福祉施設にも献立提案を行い、特にシルバー世代の健康増進をテーマにレシピを研究中。

chourishidou_logo

中野未佳の高齢者にやさしいシルバーレシピの一覧を見る

最新記事