文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

性とパートナーシップ

yomiDr.記事アーカイブ

パートナーシップの形なんてカップルの数だけある…性のあり方もいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
パートナーシップの形なんてカップルの数だけある…性のあり方もいろいろ

 皆様、前回までの中村うさぎさんのシリーズはいかがでしたでしょうか? 私は、目からウロコと言いますか、我々はもう少し自由に、性とパートナーシップを考えていいのではないかと、考えが広がった気がします。

 この欄では、ずっとセックスレスに関わる男女のすれ違いを書いてきました。皆様から寄せられたコメントを読むと(私は当然、すべて目を通しています)、セックスを拒まれた人はそれでパートナーシップがぐらつく思いを感じていらっしゃいますし、拒む方は求める方に対して、セックスなしでもパートナーシップは成立するのだと訴え、両者はどこまでいっても交わらないように感じていました。

 しかし、中村さんは特殊な事例とはいえ、セックスとパートナーシップが両立しなくてもいいという関係を最初から選ばれました。そして、互いがどこでほかの人とセックスをしても、親しい関係を結んでも、二人の間のパートナーシップは崩れないという信頼関係を、長い時間をかけて築かれています。

 一見、中村さん夫婦は風変わりな関係に見えます。しかし、はたから見て順風満帆な「幸福家族」を演じながら、互いの思いをすり合わせることもせず、ぎすぎすした夫婦関係を続けている「普通の男女」より、よほど健全で、幸せな関係と言えないでしょうか?

 「結婚したら、婚外に恋愛やセックスは求めてはいけない」というルールがあります。最近、週刊誌のすっぱ抜きでしばしば話題になる「不倫」問題。もちろん、された側は傷つくことが多いと思いますし、子供がいる場合は、子供の安定した養育環境の危機にもつながりかねないでしょうから、なるべく避けた方がいいのは言うまでもないことです。

 しかしこれまでずっとこの連載で紹介してきたように、もしかしたら、外にセックスや恋愛を求めていても、当事者だけにしかわからない絶妙なバランスが取られている例もあるかもしれません。拒まれ続けるのはみじめだし、求め続けるのは拒む相手にも負担をかけるとして、外に恋愛関係を求めて、家庭が安定しているという例も見てきました。

 以前、ヨミドクターで連載していた 「高齢者の性」というブログ では、拒む夫の代わりに、外で相手を見つけることで、憎しみさえ抱いていた夫に優しくできるようになったという声も聞きました。

 この連載で様々な夫婦関係の形を取材すればするほど、「パートナーシップの形なんてカップルの数だけある。人生限られているのだから、周囲に迷惑をかけない程度に、自分だけの幸せの形を探せばいいのではないか」という思いになっています。

 私の考えもまだ固まっているわけではありませんが、皆様はどのように感じますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

性とパートナーシップ201505_120px

岩永直子(いわなが・なおこ)

1973年、山口県生まれ。1998年読売新聞入社。社会部、医療部を経て、2015年5月からヨミドクター担当(医療部兼務)。同年6月から2017年3月まで編集長。

性とパートナーシップの一覧を見る

5件 のコメント

ブラックカフィさま

はるか

『わたしたちは色んな常識、固定観念を疑ってみる時期に来ているのだと感じます。』 全くその通りだと思います。 今、世界中で起こっている出来事は、『...

『わたしたちは色んな常識、固定観念を疑ってみる時期に来ているのだと感じます。』

全くその通りだと思います。
今、世界中で起こっている出来事は、『究極化と無意味化』の象徴かと思います。
全ては究極までくると、無意味なのです。

例が結婚制度です。

結婚したにもかかわらず、他にパートナーを求める方も多く見受けられます。
結婚という制度により縛られ、簡単に離婚できず病む方もいらっしゃいます。

果たして、自分が幸せな状態ではないのに、家族を幸せにする事が出来るでしょうか?
私は、全て自分からだと常々思っています。

ある有名な経営コンサルトさんは『出生率を上げるには、結婚制度の撤廃しか無い』と仰っていました。 
フランスでは、もう何十年も前から事実婚も結婚とみなされました。事実、出生率は上がっています。

これらの事実を踏まえると、結婚制度も無意味化になって行くと思います。

固定観念も常識も、時代や国地域によって全く違います。
自分の小さな物差し(常識)は通用しなくなります。


『社会の発展に個の確立はある意味弊害となるので、遠ざけられてきた』

これからは社会全体の発展よりも、個の発展が重要視されると思いますよ。

つづきを読む

違反報告

オープンマリッジはハイレベル。

のリコピン

浮気や不倫、それを公認するオープンマリッジ。 結局それらが市民権を得られないのは、夫婦として死ぬまで愛し合う姿を素敵だと感じる人が多いからです。...

浮気や不倫、それを公認するオープンマリッジ。
結局それらが市民権を得られないのは、夫婦として死ぬまで愛し合う姿を素敵だと感じる人が多いからです。

一夫一婦制は生物学的に不自然だと言いますが、社会なんて生物学的に見れば不自然極まりないシステム。
それでも、大きなメリットがあるから従うんですよね。

結婚相手の選択肢は多様化していますが(同性婚など)、結婚制度の枠組みは一つです。
今は、経済的に不利な立場でも離婚しやすい環境が整いつつあります。
婚外恋愛で大きなリスクを背負うよりは、離婚してベターな結婚生活を求めるのがベストな解決策だと考えます。

つづきを読む

違反報告

リコピンさん

ブラックカフィ

一夫一婦制を強制するメリットって何でしょうか 一夫一婦も 一夫多妻も 多夫一妻?も 個人がその良心と経済力に準じて選択する権利を認めてもよいので...

一夫一婦制を強制するメリットって何でしょうか
一夫一婦も
一夫多妻も
多夫一妻?も
個人がその良心と経済力に準じて選択する権利を認めてもよいのではないでしょうか
ゼロ夫一婦とも言える精子バンク以外の例外が認められない背景には何があるのでしょうか

社会制度の全てを否定するつもりはありませんが同時に現実にそぐわない制度の改廃を適時行ってこそ社会の安定はもたらされるものと考えます

つづきを読む

違反報告

常識にとらわれると苦しくなる

はるか

いつも拝見させて頂いています。 私の考えなのですが。。。 今世界では、全てのことが曖昧になりつつあると思います。 まず男女の区別が曖昧ですね。 ...

いつも拝見させて頂いています。
私の考えなのですが。。。

今世界では、全てのことが曖昧になりつつあると思います。
まず男女の区別が曖昧ですね。
女装をした男子がいて、男性みたいな女性がいて、今は堂々と自分の個性や自分の好みを発言できています。

世間が、色んな人を『個性』として受け入れていると感じます。
そこには『こうあらねばならない』といった昔がらの固定観念はもうありません。

人間関係も同じなのではないでしょうか?

長年家族として一緒にいながらも、心が通じ合えていない夫婦は沢山います。
私もそうでした。

話し合いをして絆が深まるもよし、婚外パートナーを作ることにより、家族として成り立たせるも良し。
離婚して新たなパートナーを見つけるもよし。です。
子供や経済問題を理由に、離婚できない方も居るでしょう。

でも自分が我慢をして、幸せでない状態で、家族や人を幸せに出来るでしょうか?
まずは自分が幸せになる方法を探した方が、解決策は沢山見えてくると思います。

『こうあらねばならない』といった一般常識は、自分を苦しめる足枷になると思います。

つづきを読む

違反報告

はるかさん

ブラックカフィ

一般常識や固定観念というものは共有出来る者たちにとっては便利なものですよね、口に出さなくても分かるからそれがあると話が早い でも 所詮その程度の...

一般常識や固定観念というものは共有出来る者たちにとっては便利なものですよね、口に出さなくても分かるからそれがあると話が早い
でも
所詮その程度の代物です
時と場所が変われば通用しなくなるものがほとんど

男女の区別が曖昧になったと感じるのもはるかさんの中にそれらがあるからで

見方によっては男女の区別はより鮮明になったと言えると思うのです


家族ってなに?
男って、女ってなに?
ヒトって

自分ってなに?

資本主義などの社会制度が高度化すればするほどそのような普遍的な個への問いかけは意味をなさなくなってきた
社会の発展に個の確立はある意味弊害となるので、この数十年意図して遠ざけられてきたとも考えています
共通の価値観を人々に植え付けてしまえばその価値観の中において持つ者は永続的に勝者で在り続ける
最たる例が金ですね

話が逸れてしまいすみません
わたしたちは色んな常識、固定観念を疑ってみる時期に来ているのだと感じています

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事