文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニャるほど!社会保障

医療・健康・介護のニュース・解説

出生数と合計特殊出生率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

働く女性に負担重く

働く女性に負担重く
20160502-027-OYTEI50007-100

日本ではどうして、
生まれてくる
子どもの数が
減り続けているの?

 日本では戦後、2回のベビーブームが起き、文字通り多くの子どもが生まれたんだよ。1回目が1947~49年で、生まれた人は800万人を超え、大きな塊という意味もあって「団塊の世代」と呼ばれている。

 2回目のブームは71~74年。団塊世代の人たちが親となった時期で、出生数は200万人台を回復し、子どもたちは「団塊ジュニア」と呼ばれたんだ。しかし、その後はほぼ一貫して減少している。3回目のブームは訪れず、2014年は100万3539人と戦後最少になり、100万人割れが迫っているんだよ。

 1人の女性が生涯に産む子どもの平均数を表すものに「合計特殊出生率」という数値があるんだ。2・07が人口を維持できる水準とされる。1975年に1・91となり、89年には、「その年に生まれた女性は夫を不幸にする」という迷信のある「 丙午ひのえうま 」にあたる66年(1・58)を下回った。国が対策に乗り出すも2005年には1・26に低下。すでに40年にわたって2を下回る状態が続いている。

 結婚しない人が増え、結婚する年齢も遅くなっているからだよ。〈1〉身分の安定しない非正規労働者として働き、暮らしに余裕のない若者が増えている〈2〉働く女性が増えているのに、子育ては女性の役目という雰囲気が職場や社会に残り、仕事を持つ女性に育児の負担がのしかかる――というのが背景にあるんだ。

 子どもの数が減り続けるということは、働いて社会を支える世代が将来減るということだ。経済活動が落ち込んで国の富が減っていくので、年金や医療など今の社会保障制度を運営していくのも難しくなる。

 子どもを産むか産まないかはあくまで夫婦の意思の問題だ。でも、子どもを欲しいという人がどんな職業についていても、希望をかなえられるような社会にすれば、人口の減少に歯止めがかかるかもしれない。

 それには「育児支援は国の豊かさにつながる」という国民の合意が必要だ。安心して子どもを預けられる保育所を増やすのはもちろん、家計負担の軽減や短時間勤務の奨励に国は力を入れてほしい。(山口正雄)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

PIP160404YTE050009000-000

ニャるほど!社会保障
 「猫ピッチャー」の作者、そにしけんじさんの話「社会保障は難しいイメージもありますが、実は身近で大切な問題。若い人も含めて、自分たちの生活を考えるきっかけにしてほしいです」

ニャるほど!社会保障の一覧を見る

最新記事