文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

虹色百話~性的マイノリティーへの招待

医療・健康・介護のコラム

第41話 東京レインボープライドとレインボーウィーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 熊本地震で被害にあわれたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。

 ある新聞は、「大切な人 捜し出したい」という大きな見出しとともに、倒壊家屋の救出現場の写真を載せていました。もし、それが同性パートナーのとき、救助隊や周囲の人に「あの人を捜して!」と声をあげられるだろうか?

 人目のある地域共同体で、こんなときにさえ「バレる」ことを恐れ、狂おしいほど悲しい思いで口をつぐむ人はいないだろうか……。あるいは伝えられる避難所の混雑のなかで、トランスジェンダーの人はどう過ごしているだろうか。

  37話 に書いた大災害と性的マイノリティーの課題を思うとき、胸が痛みます。

 一日も早い平安の訪れを祈っています。

そろそろ東京のパレードの時期です

  まもなく「 東京レインボープライド(TRP) 」がやってきます。 5月7日(土)をフェスタ、8日(日曜)をパレードと称し、2日間にわたり代々木公園で開催される、国内でも有数のLGBTイベントです。「プライド」は性的マイノリティーのパレードイベントに世界的に使われる名称ですね。

 呼び物のパレードは、8日の12時スタート。「フロート」と呼ばれるさまざまに装飾された山車に先導されて、今年は18梯団ていだんが代々木公園から公園通りをくだって渋谷・原宿の街を1周します。すでに 運営団体のウェブサイト には、出走フロートのエントリーが告知されています。歩きたい人は、あらかじめ希望のフロートを申告して受け付けてもらう必要があります。7日の4時から前日受け付け、当日は9時から受け付けが始まり、人気のあるフロートは早々に定員に達する場合もありますから、お早めに!

  公道上を歩くパレードは、いわば集団カミングアウト。メディアもふくめて撮影にもさらされます。参加者のさまざまな仮装は一種のカモフラージュの部分もありますが、最近はTシャツにジーンズなどごくごく普通のかっこうの人が大半で、プラカードなどを手に明るくはつらつと歩いています。もちろん、性的マイノリティー当事者にかぎらず、家族や支援者も多数参加しています。

 沿道からは、拍手や歓声の応援。おしゃれなカフェにくつろぐ人が手を振ってくれたり、たまたま並走するバスの乗客がびっくりした顔で見つめていたり。明治通りや表参道に入ると、どの歩道橋も観客でびっしり、特等観覧席の趣です。

 パレードも沿道も一体となって、こうなると、だれが「当事者」だかわかりゃしない。人間って多彩だな、いろんな人がいて、すばらしいな――そんな思いだけが圧倒的な磁力の塊となって新緑の街を転がってゆく光景が見られるのです。

ブース群はまるで“LGBT見本市”

  メインイベントのパレードのほか、ステージではさまざまなパフォーマンスが繰り広げられます(だから、たとえ歩かなくても、しっかり楽しめますよ)。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

永易写真400

永易至文(ながやす・しぶん)

1966年、愛媛県生まれ。東京大学文学部(中国文学科)卒。人文・教育書系の出版社を経て2001年からフリーランス。ゲイコミュニティーの活動に参加する一方、ライターとしてゲイの老後やHIV陽性者の問題をテーマとする。2013年、行政書士の資格を取得、性的マイノリティサポートに強い東中野さくら行政書士事務所を開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、事務局長就任。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』『同性パートナー生活読本』など。

虹色百話~性的マイノリティーへの招待の一覧を見る

2件 のコメント

祭りだ祭りだ

たか

ふだんお世辞にも仲良しとは言えないLGBT活動家同士も、この日ばかりは同じくブースを並べ、祭りだ、祭りだと。老いも若きも、みな集う。ド派手な姐さ...

ふだんお世辞にも仲良しとは言えないLGBT活動家同士も、この日ばかりは同じくブースを並べ、祭りだ、祭りだと。老いも若きも、みな集う。ド派手な姐さん、レザーな兄貴も、パレードの華。

つづきを読む

違反報告

パレードは楽しい

カイカタ

車道から見る街の景色は一味違います。特に渋谷はお洒落でディズニーランドを歩いているような気分になれます。そんな体験をしてみる意味で参加されてみて...

車道から見る街の景色は一味違います。特に渋谷はお洒落でディズニーランドを歩いているような気分になれます。そんな体験をしてみる意味で参加されてみては?

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事