文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

4件 のコメント

コメントを書く

なんだかなぁ

ププププ

なんだかんだ言っても1議員の発言を取り上げて非難してるだけでしょ?議員の発言に他の議員がまともな発言しないから問題発言無くならない、今回の発言もキャバクラの現在を知っていますか?指名取れなければ給料に反映しないこと、同伴も同じでしかもツケで飲む客に引っ掛かったらツケ分は自腹、貧困は此処でも生まれていることを発言した議員は一人も居なかったでしょ?

違反報告

人を軽視しないでほしい

ゆうママ

この度の記事を拝見して、いかに教育に対する日本の科学的・論理的分析が未熟であるかを残念に思います。

英語圏で昨年からベストセラーになっている、聴覚にかかわる脳外科医のダナ・サスキンド医師の著書を読んでほしいと強く思います。

現在保育士をしておりますが、彼女の研究の結果には非常に納得がいきます。6歳までに、その子が高校を卒業できるか、また4年生の大学を卒業できるかが判別できるようになると言われています。(特に米国では格差が激しい)それは、子どもがもって生まれたポテンシャルではないのです。後天的要因によって、影響を受けてしまうのです。

頑張らない人間に支援する必要がないというような発言をする前に、子ども達がやる気を失う環境を排除する努力をしてほしいです。
平然と自分達の行いを人のせいにする人には日本の未来は作れないと思います。

違反報告

幼児教育

息子3歳児

私は幼児教育も義務教育と同様に大切なことだと、先生の文面から解釈しました。
また幼少期の教育(日本では一般的に躾と呼ばれる範囲)の生涯にわたる有効性については非常に高いと、エビデンスも出ています。
しっかりした幼児教育が小学校以降での子供の成長に良い効果を出すのであれば、義務教育の効果も高まります。そのため先進国の中には義務教育の前倒しや幼児教育の推進など、国単位で積極的に動いているところもあります。

幼少期は、大人との信頼関係を築く大切な時期です。貧困や虐待の世代間連鎖を防ぐ意味でも、幼少期からの教育は意味があります。
親の収入格差による子供の学力格差を減らすためにも、奨学金は重要だと思います。
一億総活躍と言うのであれば、子供へも相応の投資をして欲しいものです。

違反報告

そもそも

もそもそ

そもそも赤枝議員は義務教育にもっと国がちゃんと力を入れるべき、中学校に卒業試験を導入すべき、と訴えて出馬して議員になった人なので、それを否定するのは彼を議員にした投票者を否定するのと同じことになります。奨学金制度で猫も杓子も高校大学に行ったとしても結局誰かはキャバクラ嬢になるし、ならば義務教育の整備を、という彼の主張は別に間違いではないでしょう。幼児教育も大事でしょうが、幼児教育をしっかりすれば義務教育はおろそかにして良いというものではないわけですし、「義務教育」と謳っている部分をおろそかにしている国の現状で現状義務ですらない幼児教育に力を入れることなぞないでしょう。まずは義務教育から、(その上で幼児教育も)というのは至極当然の理屈ではないでしょうか。それとも幼児教育を義務にして、現在の義務教育は義務にしないでいい、ということをおっしゃりたいのでしょうか?

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。