文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」

コラム

13日の金曜日は事故死が多い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

13th of friday こんにちは。

  予防医学研究者の石川です。

  「(アメリカ在住の)日本人や中国人は、毎月4日に心臓病で亡くなりやすい」という研究を前回のブログでご紹介しました。 すると、読者の方々から以下のようなコメントをいただきました。

 「では欧米人の13日の死亡率は高いのか?」

 せっかくなので、今回はその続編を書いてみたいと思います。とはいえ、私もそんな研究があるのかどうか、皆目見当がつきません。なので、まずやってみようと思ったのは、「検索」です。

フィンランド女性の統計

 googleの検索窓を前にして、「はて、どうやって検索しようか?」と一瞬考えたのですが、シンプルに次のようなキーワードを打ち込んでみました。

「friday the 13th mortality research」

 日本語にするほどでもないかもしれませんが、「13日の金曜日、死亡率、研究」という3つのキーワードを入力しただけです。すると早速引っかかったのが次のような研究です。

 「事故死と13日の金曜日」

 参照: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12450968

 2002年にアメリカ精神医学会誌に掲載されたこの論文は、フィンランドの1971―1997年における事故死の状況を男女別に分析したものです。すると、男性では特に変わった傾向はみられなかったものの、女性では統計的有意に事故死が多かったと報告しています。

 どうやら「13日の金曜日は不吉である」という可能性はあるみたいですね。ただ、私はこの研究を見て「ほんまかいな!?」と思いました。ただ、なんとなく思うことと、具体的に考えることは、天と地ほどの差があります。

 「事実は真実の敵なり」という言葉がありますが、まさにその通りで、たった一つの事実=研究があったからといって、それをもって真実と考えてはいけません。

研究の積み重ねが必要

 もう少し調べてみると、「13日の金曜日に女性の事故死が多いわけではない」という研究が2004年に医学誌「BMCパブリックヘルス」に掲載されています。

参照:http://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2458-4-54  

 ……といった具合で、本ブログではすでに何度も述べていますが、健康情報というのは1)ホント、2)ウソ、3)不明のいずれかに分類されるわけですが、ほとんどのものは「不明」になります。なぜなら、ある情報が「ホント」だとか「ウソ」だとか言えるようになるには、それこそ膨大な研究の積み重ねが必要だからです。

 そういう意味でいえば、「日本人は4日に亡くなりやすい」、「欧米人は13日の金曜日に亡くなりやすい」、という仮説はまだまだ「不明」だと言えるでしょう。ただ、とても魅力的な仮説ではあるので、ぜひ今後もさらなる研究が行われることを見守っていきたいと思っています。

 それではまた次回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

予防医学研究者・石川善樹の『続けたくなる健康法』_顔120px

石川善樹(いしかわ よしき)

 予防医学研究者・医学博士。(株)Campus for H共同創業者。1981年 広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得。「人がより良く生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と共同研究を行う。専門分野は予防医学、行動科学、機械創造学、マーケティング等。

 著書に「疲れない脳をつくる生活習慣」(プレジデント社)など。最新刊「ノーリバウンド・ダイエット」(なとみみわさんとの共著、法研)が2017年1月19日に発売。

予防医学研究者・石川善樹の「続けたくなる健康法」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事