月21回以上の射精で前立腺がんリスク2割減―米調査

Impotence concept. Woman is waiting in bed her lover

 米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。詳細は、3月29日発行の欧州泌尿器科専門誌「European,Urology」(電子版)に掲載されている。

特に40代での頻度がモノをいう?

 近年、わが国で急増している前立腺がん。国立がん研究センターの推計では、男性がん患者数で胃がんを抜きトップになると予測されている。生活習慣の欧米化や検診(前立腺特異抗原=PSA=検診)の普及で発見される頻度が高まったことなどが背景にあると考えられているが、食事以外にどんな要因があるのかは、国内だけでなく海外でも明らかにされていない。

 こうした中、10年ほど前から、射精回数の多さが前立腺がんリスクに関係していることを示唆する調査結果が、米国やオーストラリアから相次いで報告されている。中でも、2004年に米医師会誌「JAMA」に掲載された米国の調査では、1992年に46~81歳だった男性の医療従事者約3万人を2000年まで追跡調査したところ、1カ月当たりの射精回数(性交、夢精、自慰での射精を合わせた回数)が21回以上の人では、4~7回の人に比べて前立腺がんになる危険性が3割低下することが分かった。この調査は対象者の数が多く、結果の信頼性も高いとされ、各国で話題を呼んだ。

 今回ライダー氏らが報告したのは、この対象者をさらに2010年まで追跡調査した結果だ。今回も、20歳代の頃の1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんになる危険性が19%低いことが示された。また、20歳代よりも40歳代の方がより強く関係しており、この年代で月21回以上射精している人では22%のリスク低下が認められたという。

 結果について、ライダー氏らは「前立腺がんの原因を考えた時、男性が生涯にわたって頻繁に射精することは、良い影響をもたらすことを改めて示すもの」と説明。ただ、今回、「観察研究」と呼ばれる方法で射精の回数と前立腺がんリスクが関連することは分かったが、因果関係を証明するものではないため、「結果の解釈には注意が必要」と強調。なぜ射精回数が多い人で前立腺がんリスクが低下するのか、そのメカニズムなどについて、さらなる研究で明らかにしていくべきだとしている。

Outbrain

【産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」】五月病、今は大学生より新入社員に注意……生活リズムの乱れと会社になじめず

【田村専門委員の「まるごと医療」】教員が感染した大学の付属高生徒に「コロナ」 言われなき差別、偏見

【大人の健康を考える「大人び」】「健口」で健康(10)削らない治療へ転換

【後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」】後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」2日スタート

新型コロナQ&A(第2版) 「密閉」「密集」「近距離での会話」の3条件が重なる場所は避けて

【栄養価がわかる! ヘルシーキッチン】千切りキャベツのひき肉あんかけ…ストレス対策

【心のアンチエイジング~米寿になって思うこと】男もアートメイクで気持ちが前向きに

【のぶさんのペイシェント・カフェ】病状をネットに公開することで得られるもの

【渥美まゆ美の「和タリアン料理」】エビとナノハナの塩麹いため…春を手軽に味わう!

志村けんさん死去、新型コロナ感染で入院中…70歳

【知りたい!】医療資源の不足が深刻なフランス ホテルはホームレス滞在施設に

【アラサー目前! 自閉症の息子と父の備忘録】「来てもらっては困る」と言われた幼稚園で…

【ペットと暮らせる特養から】介護施設は厳戒 面会禁止、外出行事中止…でも犬の散歩だけは継続

【がん患者団体のリレー活動報告】GBCSS(がん研有明病院訪問ボランティア)

【田代由紀子のアスリートレシピ】新ジャガとサバのピリ辛煮…ご飯が進む! トレーニング前後のエネルギー補給に

【一病息災[俳優 浜田光夫さん]】目の外傷、急性膵炎(2)石原プロで酒仕込まれる

【知りたい!】肩関節の脱臼…3回続いたら手術検討

【教えて!ヨミドック】足が疲れる。年のせいかな?

【深層NEWSフライデー】香港在住・元NHK青山祐子さん 日本の新型コロナ対策「緩い」

【災害時の避難、医療、防災】…地震、台風、大雨など、災害による避難生活や防災対策に役立つ情報