文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常

yomiDr.記事アーカイブ

東京ドームで野球を観戦しながら…「いい医療」について考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「カーン」という打球の音、周りがざわつきます。みんなが上を向いています。高いところに白球がありました。そして、こちらに向かって落下してきます。僕たちは東京ドームの2階席にいます。そして白い球は僕の頭の上に向かって落ちてきます。とっさによけました。とても素手では取れません。取ろうとも思いません。そして打球は床にワンバウンドして、ベンチの底に数度あたって、なんと足元に転がっています。巨人の4番打者・ギャレットが打ったファウルボールが、たまたま足元にありました。それを拾い上げると、係の女性が駆け寄って、「お 怪我(けが) はありませんか?」と尋ねます。「大丈夫です」と言うと、僕たちの手元にあるボールにはコメントせず、立ち去っていきました。「ファウルボールもくれるんだね」と娘が大喜びです。先日の開幕戦が娘の東京ドームデビューでした。そして野球観戦が相当面白かったらしく、入学式の日にもう1回行きたいということになり、チケットオフィスに尋ねると、なんとこの2階席の券が手に入ったのです。そして実際に試合で使っていたボールのお土産付きとなりました。本当に良い思い出です。

高くて見にくい席、安くて見やすい席も…

 この日は娘の入学式でしたので、仕事は休みにしていました。入学式が一段落し、記念写真を撮って、そして東京ドームに繰り出しました。早々と東京ドームに着いたので、球場見物をしました。一階のチケットカウンターに行って、「どこの席が見やすいのですか?」と伺うと、いろいろと教えてもらいました。結論は「どこも見やすいですよ」ということなのです。そして、時間も早かったためか、他にお客さんがいなかったためか、「球場をご案内しましょうか」と言われました。そして、いろいろと見せていただいたのです。1階の内野は4000円から6200円、2階は1700円から2400円、立ち見であれば大人1000円、こども300円、これが通常の販売価格でした。

 それ以外にシーズンチケットと言うのがあり、1年間に東京ドームで開催される巨人の公式戦63試合のチケットです。1階ではバックネット裏の180万円の最上級シートから、そして1階の内野の隅は35万6400円までありました。2階は55万9400円から20万5500円でした。案内されて、実際に見て、2階の「ある場所」からの眺めを僕はとっても気に入りました。そこであれば、1試合当たり、約3000円です。野球が好きな友達と何人かと購入すれば通路にも近くて、気に入った席が1年間手に入ります。いいですね。野球ファンとしては最高の贈り物ですね。僕がシートのことをいろいろと尋ねたので、シーズンシートを購入するのかと勘違いされて、東京ドームを案内して頂いたようです。ちなみに中2階はシーズンシートだけで、一般販売はしていないそうで、そこにも連れて行っていただきました。そしてわかったことは、高いお金を出せば良い席もあるが、ちょっと見にくい席もあるということ。また、お金を出さなくても、実は結構見やすい席もあるということでした。

病院ランキング、信頼できるか?

 病院のランキングなどがいろいろと公表されています。ある基準で並べているので相当の信頼性はあるのですが、でもそこには、良さそうな席は、良さそうに書いてあるのです。実は、いいと思われる病院でも、すべての診療科が良い訳ではないかもしれません。また、すべての診療科が良くても、すべての医者や医療従事者が良いとは限りません。病院を紹介されるよりも、やはり医者を紹介されることが大切なのです。東京ドームで販売価格の高い席よりも、予算とは無関係に、または低予算でも専門家が「この席はいいですよ」という席がやはりいいのです。

 そして何より大切なことは、どんな席に座っても、嫌な (やつ) と一緒の野球観戦は面白くありません。少々不都合な席でも楽しい仲間とのひとときは最高です。また、どんなに見やすい席に座っても、直前にお相撲さんのような巨漢で座高の高いお客さんが居れば、野球観戦には最悪の条件になります。良い病院、良い先生を探すことはもちろん大切ですよ。でも家族に見舞いに来て (もら) えるような自宅から近いという地理的条件は相当大切です。また、病気の状態や、本人の体力などで、どんなに良い条件を (そろ) えても残念な結果に終わることもあります。一方で、日本一の病院でなくても、日本の医療は世界最高水準ですから、評判の良い病院を選べば、そこで 奇蹟(きせき) が起こることもあります。そして医療は、最後は運と縁だと思っています。今日も野球観戦から連想した医療のお話でした。公式戦で運良く頂いた試合球、大切に娘の机に飾ってあります。

 人それぞれが、少しでも幸せになれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!_20131107イグ・ノベーベル賞 新見正則さん(1)写真01

新見正則(にいみ まさのり)

 帝京大医学部准教授

 1959年、京都生まれ。85年、慶応義塾大医学部卒業。93年から英国オックスフォード大に留学し、98年から帝京大医学部外科。専門は血管外科、移植免疫学、東洋医学、スポーツ医学など幅広い。2013年9月に、マウスにオペラ「椿姫」を聴かせると移植した心臓が長持ちする研究でイグ・ノーベル賞受賞。主な著書に「死ぬならボケずにガンがいい」 (新潮社)、「患者必読 医者の僕がやっとわかったこと」 (朝日新聞出版社)、「誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る『レジリエンス』とは何か?」 (サンマーク出版)、「西洋医がすすめる漢方」 (新潮選書)など。トライアスロンに挑むスポーツマンでもある。

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常の一覧を見る

最新記事