文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康経営の人

医療・健康・介護のコラム

テルモ<下> 全社で禁煙に注力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

   医療機器メーカーのテルモは、社員の生活習慣病の予防と早期発見・治療を経営課題として掲げる。「企業理念は『医療を通じて社会に貢献する』こと。社員の健康増進に力を入れるのは当然」(新宅祐太郎社長)。社員食堂での健康メニューの提供やウォーキング大会、全社でのメタボ対策・食事指導など様々なプランが並ぶ。中でも力を入れているのが「禁煙」だ。

 テルモ社員の喫煙率は32%(2014年度調査)で、男性の全国平均(30・3%=JTの2014年「全国たばこ喫煙者率調査」)を超える。

 血管の治療用機器を販売する心臓血管カンパニー管理チームの小西圭副部長(46)は、6年半赴任していたベトナムから帰国した2012年、喫煙に対する社内の環境がまったく変わってい

昨年6月から禁煙しているテルモ・小西課長

昨年6月から禁煙しているテルモ・小西副部長。禁煙支援のツールを手にしている。

るのに戸惑った。勤務時間中は当然のように、禁煙。休憩時間もごく限られた場所でしか喫煙できない。

 「いつか禁煙しなければと思った」(小西副部長)との気持ちを会社も後押しした。禁煙を呼びかける社内のセミナーには家族と一緒に参加した。

 上司に勧められたテルモ独自の「卓上型禁煙カレンダー」は一番の助けになった。すごろくの要領で禁煙に成功するたびにシールを貼る。すべてのマスをシールで埋めつくすと100日間の禁煙達成となる。ロールプレイングゲームをイメージし、禁煙の成功によって「ラスボス」を倒す。

 カレンダーを作った人事部の健康増進担当、小原史紗子さんは「禁煙には喫煙所の閉鎖など『NO』が多い。カレンダーにゲーム性を持たせて、明るく禁煙できる雰囲気を盛り上げたかった」と説明する。小西副部長は「禁煙の成否が目に見えて分かる。一度貼り始めると、途中でやめるのはもったいない、続けようとの気持ちになった」という。

 「健康」は経営の質を測る基準となりつつあるものの、企業の試みはまだ緒に就いたばかり。健康経営の指揮を執る松本幸助人事部長(55)も「効果の検証は次世代の仕事になるかもしれない」と指摘する。当面は地道な努力の積み重ねが必要なようだ。(鷲見一郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

kenko-keieinohito_256-144-2

健康経営の人

 社員の健康を経営の重要課題に位置づける「健康経営」に取り組む企業が増えています。業務の効率化だけでなく企業イメージの向上などに効果があるとされ、国も後押ししています。健康経営を推進する企業のトップへのインタビューを随時掲載します。

健康経営の人の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事