文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

あなたの健康百科 by メディカルトリビューン

中年と逆! 高齢者ではメタボより栄養不良が死を招く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
中年と逆! 高齢者ではメタボより栄養不良が死を招く

がんや心臓病による死亡につながる

 

 

 メタボリックシンドロームや肥満は、心臓病や糖尿病などの生活習慣病になる危険性を高め、ひいては死を招く。そのため、食事に気を付けている中高年は多いだろう。しかし、高齢者になると真逆で、食べ過ぎよりも栄養不良に注意した方が良いことが分かった、東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二副所長は3月30日、東京都内で開かれた「健康日本21推進フォーラム」のマスコミセミナーでこの研究結果を発表し、「栄養の取り過ぎで心臓病死の危険性が高まる中年とは違い、高齢者では低栄養(栄養不良)の方が死亡リスクにより強く影響する」と強調。介護が必要な人を減らすための国の対策として、認知症やロコモティブシンドローム(ロコモ)の啓発に加え、高齢者の栄養不良を改善していく必要があると呼びかけた。

 

食べる食品の種類が多いほど握力や歩行速度が改善

 

 

 国民の健康の増進を目的とした「健康づくり運動」を展開する「健康日本21」。その第2次運動「健康日本21(第2次)」では、介護認定者を減らすための対策として、従来の認知症やロコモの啓発に加え、低栄養の高齢者を減らすことが掲げられている。

 

 対策を取りまとめた新開副所長によると、都内に住む65~84歳の996人や、秋田県在住の65歳以上の940人を調査したところ、栄養状態を「BMI(肥満指数)」「血中アルブミン」「総コレステロール値」「ヘモグロビン値」の4つの指標で評価して4段階に分類したところ、いずれの指標でも最も低いグループで死亡リスクが最も高かったという。

 

 さらに、このうち1,033人のデータを分析したところ、栄養状態が「中程度」「高栄養」に比べ、「低栄養」でがんや心臓病などで死亡する人が多かったという。

 

 では、高齢者の食事ではどんなことに気を付ければよいのだろうか。新開副所長は「肉や魚介類、卵、大豆や大豆製品、牛乳や乳製品、緑黄色野菜、海藻類、イモ類、果物など、いろいろな種類の食品を日常的に食べることが望ましい」と説明。食べる食品の種類が多ければ多いほど除脂肪量(体重から脂肪の重量を除いた量)が増え、握力が改善したり歩く速度が速くなったりする傾向を示す分析結果を紹介した。

 

認知症も予防…特に牛乳がオススメ

 

 

 高齢者の栄養不良を改善することによるメリットは、それだけではない。同セミナーでは、九州大学大学院総合コホートセンター(福岡市)の二宮利治教授が「多様な食品を多めに食べる一方、コメやアルコールは控えめ」という食事パターンの高齢者で認知症を発症する危険性が低かったとする「久山町研究」の分析結果を紹介。いろいろな食品から栄養をしっかり取ることは、認知症の予防にもつながる可能性があるとした。

 

 このほか同研究では、1日当たりの牛乳や乳製品の摂取量が97~197グラムの人は、44グラム以下の人に比べて認知症リスクが約3割低いことも示されたとして、二宮教授は「1日100~200グラムの牛乳や乳製品を取ることで、認知症を予防できるかもしれない」と説明。「特に牛乳は高タンパク、低カロリーで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルやビタミンも豊富に含まれ、効率良く栄養を取れる。高齢者には積極的に飲んでほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

kenkohyakka

あなたの健康百科
あなたの健康百科はこちら

あなたの健康百科 by メディカルトリビューンの一覧を見る

最新記事