文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五十嵐ゆかりの簡単おいしい減塩食

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

水だしでおいしく減塩 キャベツと豆腐のみそ汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
201604010_F

水だしのストックでみそ汁作りを時短!

 料理研究家の五十嵐ゆかりです。今回のレシピは、「水だしでおいしく減塩 キャベツと豆腐のみそ汁」をご紹介します。

 ポイントは、手作りの「水だし」です。水だしを使ってみそ汁を手軽においしく作りますよ。

 だしを効かせたおみそ汁は塩分控えめでもおいしく食べられます。とはいえ、忙しいときにだしをとるのは手間がかかりますね。そんなときに水だしがあると手軽においしいみそ汁が作れます。だしがでる材料を水に一晩浸けておくだけで作れますよ。

 今回のレシピはもう一つポイントがあります。それは、桜エビをゴマ油でいためること。これにより、香ばしさが加わって味わいが豊かになりおいしさがアップします。

 ここにキャベツの甘みや歯触り、豆腐の口当たり、みそのうま味などが合わさることでおいしいみそ汁になります。

 今回のレシピでは、ふつうのみそを使用していますが、減塩みそを使用すると、食塩相当量、ナトリウム量をさらに減らせますよ。

 食べるときはよくかんで食べましょう。よくかむことで、素材そのもののおいしさを感じながら味わえますよ。それでは、レシピをご紹介します。

《水だしの作り方》

 煮沸消毒した容器に昆布5g、かつお節6g、水500ccを入れて冷蔵室に一晩おく。使うときに()してから使用する。

[ 作り方 ]

201604010_R

(1) キャベツは一口サイズに切る。

(2) 鍋に桜エビ、ゴマ油を入れて弱火で熱し、3分いためる。

(3) 水だしを加えて中火にし、煮立ったらキャベツを加える。少ししんなりするまで煮たら、みそを溶き入れる。

 キャベツは食感を残すよう、煮過ぎないようにしてください。キャベツの代わりにちぎったレタス2枚を入れてもおいしく味わえます。

 水だしを作ったら、3日間を目安に使い切ってください。使用したかつお節や昆布は刻んでしょうゆやみりんなどの調味料で味付けし、ふりかけにするとごはんに合うおかずとして無駄なく食べ切れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

★20190813五十嵐 略歴(新) 200 240

五十嵐(遠藤)ゆかり=いがらし(えんどう)ゆかり

料理研究家、管理栄養士。
減塩でもおいしく作れる料理や時短・簡単な作り置きなど、日々の暮らしに取り入れやすいレシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を盛り込んだレシピを得意とする。

Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
ブログ:http://lineblog.me/igarashiyukari/
HP:http://foodcreativefactory.com/
書籍:「腸で免疫力を上げる本」や「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」「ラク速レシピ」など、多数。

ラク速レシピ [五十嵐ゆかり]

ラク速レシピ[五十嵐ゆかり]
扶桑社 1200円(税別)

五十嵐ゆかりの簡単おいしい減塩食の一覧を見る

最新記事