文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常

yomiDr.記事アーカイブ

漢方で治療し、新たな門出…元患者さんたちと感動の再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新年度ですね。入学式ですね。この季節で (うれ) しいことは、元気になって、高校や大学に入学して、そして就職した元患者さんが挨拶に来てくれることです。こんな時は医者冥利に尽きますね。

 中学に登校できずに、つまり不登校でいろいろな先生や病院に行っても治らなかった子が、僕の外来にはるばる来てくれて、そして漢方を処方しながら、いろいろな話をして、そして無駄話もして、何故かぼつぼつと元気になって、そして無事に高校に進学し、そして有名音楽大学に入学して、挨拶に来てくれました。

 また、人前で話すときは、どうも苦手で、喉に違和感があって、学業にも支障があるほどの子が、漢方の内服と、そして僕の外来への通院で楽になって、そして希望の有名私立大学に合格しました。

 有名進学高校の保健の先生から紹介されることもあります。奇妙な (せき) 発作があって、その咳は、一度始まると止まらなくなり、都内の有名大学病院にいくつも診てもらいましたが、でも異常はなく、そして最後に僕の外来に 辿(たど) り着きました。そんな「世にも不思議だ」と、呼吸器内科の先生が思う症状も、漢方で治りました。そして無事に、超難関国立大学に合格しました。

 4月とは無関係ですが、大学入学後より生理が全くなくなった女性が、僕の外来に来て、その時は30歳前後でしたが、漢方を飲んで生理が始まって、そして、「諦めていた結婚ができ、その上、子宝にも恵まれた」と挨拶に来てくれました。

現代医学で治らなくても、漢方で…

 僕は漢方も使える西洋医です。若い頃は血管外科医として動脈 (りゅう) 破裂などの緊急手術に備えて、24時間365日いつでも出動できる体制で働いていました。そんな手術で救命できたときの満足感は外科医でなければ味わえないものでした。たくさんの患者さんを救いましたよ。でも残念ながら力及ばず亡くなった方もいます。セカンドオピニオンを日本で最初に大学病院で保険適用で始めて、そして世の中には現代医学で治らない患者さんがたくさん存在することに気がつき、漢方に目覚めました。

 何故漢方かの最大の理由は、漢方薬が保険適用だからです。現代医学で困った時に、世界中にはいろいろな医療があるでしょう。その中のどれが有効かも知れません。しかし、保険が使えなければ自費診療になります。保険を利用することに比べればとんでもない高額になります。でも保険適用の漢方は本当に安価なのです。

 問題は漢方が本当に効くのかということです。このコラムでも時々述べているように漢方は生薬の足し算の 叡智(えいち) です。昔からの知恵の集積で、症状と処方が結びつきます。しかし、そこに現代医学的なサイエンスはありません。ここで言う「現代医学的サイエンス」とは、病気の本当の理由です。仮想病理概念ではなく、だれもが納得できる理由です。例えば、結核であれば結核菌が存在して、そして抗結核薬を飲めば治る可能性が極めて高いというストーリーです。腹部大動脈瘤の破裂であれば、それを緊急手術で人工血管に置き換えれば救命出来る可能性が高いということです。高血圧による 動悸(どうき) や頭痛であれば、降圧剤の投与で楽になるでしょう。高血糖による喉の渇きや多尿はインスリンを適切に使えば改善します。つまり西洋医学的サイエンスは診断学です。そしてそこにできれば誰もが納得する数値化された結果や画像診断があります。そして診断が確定すれば、それ以上は患者さんが何を言おうが、治療法が決まります。医療サイドが主導権を握ります。通常はこれで治るのです。医療の進歩は診断と、そしてその診断に基づく治療です。抗結核薬、人工血管、降圧剤、インスリンなどが原因に即した適切な治療です。

「漢方=昔の知恵」が結構役立つ

 さて、21世紀になって医学は相当の進歩を遂げました。ところが、完璧ではないのです。まず診断がつかないことがあります。今の医療では病気が見つからないということです。また西洋医学的サイエンスに基づいた治療をしたが治らないこともあります。そんな時に、西洋医学的知識ではフリーズします。だって、治せないのですから。そんな時に、漢方が力を発揮することがあるのです。今の医学で困っている時に昔の知恵を拝借すると本当に良くなることがあるのです。漢方が本当に効くのかと疑念を持つ前に、まず困った時には使用してみることです。僕が漢方という存在を知っていて本当に良かったと思えるのが、西洋医学的な治療をたくさん行っても治らなかった方々に、「先生のお陰です」と言われるときです。そんな時には「昔の知恵も結構役立ちますね」と答えています。医者冥利に尽きる瞬間なのです。

 人それぞれが、少しでも幸せになれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!_20131107イグ・ノベーベル賞 新見正則さん(1)写真01

新見正則(にいみ まさのり)

 帝京大医学部准教授

 1959年、京都生まれ。85年、慶応義塾大医学部卒業。93年から英国オックスフォード大に留学し、98年から帝京大医学部外科。専門は血管外科、移植免疫学、東洋医学、スポーツ医学など幅広い。2013年9月に、マウスにオペラ「椿姫」を聴かせると移植した心臓が長持ちする研究でイグ・ノーベル賞受賞。主な著書に「死ぬならボケずにガンがいい」 (新潮社)、「患者必読 医者の僕がやっとわかったこと」 (朝日新聞出版社)、「誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る『レジリエンス』とは何か?」 (サンマーク出版)、「西洋医がすすめる漢方」 (新潮選書)など。トライアスロンに挑むスポーツマンでもある。

イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常の一覧を見る

最新記事