文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしの医見

医療・健康・介護のコラム

類似薬説明なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

埼玉県越谷市 男性会社員 59

 花粉症治療で地元の内科医院に通う妻が院内処方で薬を受け取る際、いつもとは異なる薬を渡されたことに気づいた。

 受付で事情を尋ねると、いつもの薬がないためという。類似薬でも、効果や副作用が異なることがあり、処方薬を変更する時には、本人に知らせる必要があると思う。だが、医師の事前の説明はなかったという。

 一方、私が痛風の治療を受けている別の医院では先月の受診時に、いつもとは別の薬が処方されたものの、「薬の外装が変わったが、中身は同じです。今まで通り服用してください」と丁寧に説明してくれた。

 この対応の違いは何だろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iken_117

【わたしの医見のご投稿募集】

医療に関する体験、意見、疑問をお寄せください。
住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒100・8055読売新聞東京本社医療部「わたしの医見」係(ファクス03・3217・1960、メールiryou@yomiuri.com)へ。
読売新聞紙面にも掲載されます。

わたしの医見の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

遠慮なくその場で抗議してください

miikun

医師が説明を忘れたとしたら、それはよろしくないですね。 ただ、受付で事情を把握された後、奥様がどうされたのかが分かりません。 1.納得できたので...

医師が説明を忘れたとしたら、それはよろしくないですね。
ただ、受付で事情を把握された後、奥様がどうされたのかが分かりません。

1.納得できたので薬を受け取った。
2.納得できないまま薬を受け取った。
3.納得できないので抗議したら医師が改めて説明してくれた。
4.納得できないので抗議したが医師は改めて説明してくれなかった。
5.納得できず抗議する気も起きず薬を受け取るのを断り返金してもらった。

などのシナリオが考えられますね。2だったのでしょうか?

受付で「医師からは説明を聞いていませんけど」と言えば、診察室にまた通してくれた可能性は大いにあると私は思います。つまり3ですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事