文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

3件 のコメント

精子の歴史を

徒然なるままに

精子や卵子は、学校で習った程度しか知りませんが、大きな関心と疑問があります。いつ頃、誰がどのようにして精子を発見したのでしょうか?少し、歴史的背景を解説していただけるとありがたいです。

違反報告

留学の成果が続々と発表されることに期待

miyagikenjin

留学から日本に帰国、まずは無事で何よりです。

今後はぜひ研究成果、アメリカでの性教育や文化などを一般の人に伝えてほしいです。

私は小堀医師とは同い年(宋医師とも同じ)なので、同世代として記事に期待してます。(お2人とも1浪して医学部に合格したのも同じとは。)

個人的に聞きたいことは2つほど。
1.シカゴの学校ではどのような性教育が行われているのか?
日本と比べてアメリカは進んでいる、というイメージがありますが保守的な土地柄ではピューリタン(清教徒)の思想により禁欲教育、純潔教育が行われていると言われます。(「青少年に有害!」河出書房を読むとノーセックス教育が行われているとか…)シカゴのあるイリノイ州では何歳から教わり、どのような内容で、男女一緒に教わるのかそれとも別々か、性教育の効果は出ているのか、他の州ではどう違うのか、東部と西部、北部と南部、カトリックとプロテスタント、プロテスタントの右派と左派、共和党と民主党、等。留学している他国の医師からの世界の性教育の違い(公立と私立で違いはあるか、男女一緒か男女別々なのか、などに興味があります。)
2.男性の包茎について
先月日本で出版された「ひよこクラブ4月号」には男の赤ちゃんの性器の皮をむく、むかないの特集記事が載っていました。(今月15日に5月号発売なのでお急ぎを)記事は泌尿器科医監修(有名な岩室医師ではない)ですが、小堀医師の意見は?
4人の息子は赤ちゃんの頃剥いてましたか?
上の息子は10歳前後と仮定なら包皮はむけて、夢精・自慰を経験が近いと推測します。
アメリカでは子供の性について医師の親はどう教えるのでしょうか?
4人の息子には宋医師(3姉妹長女)に女子の体と心を教えるのが最適と思います。
宋医師は昨年11月男子を出産したので小堀医師が性器の洗い方を教えるのがいいですね。

今後の記事に期待します!

違反報告

手塚先生の影響

ムックウ

手塚先生の影響では特にロボット研究者に多いですよね。
これからも手塚先生の愛弟子の一人として小堀先生には多くの病人の為の治療研究をお願いしたいと思います。

違反報告

記事へ戻る