文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

原因わからぬ「不明熱」…PET検査 診断に応用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 38度以上の発熱を2週間以上にわたって繰り返し、外来の検査で原因が見つからない「不明熱」。がん検査に使われるPET(陽電子放射断層撮影=ペット)検査を活用し、早めに原因を見つけて最適な治療につなげるための研究が全国17施設で先進医療として実施されている。(藤田勝)  不明熱は、通常の診療では原因がわからないまま続く発熱のことだ。解熱剤などでの対応を続けていると、背後に潜む病気そのものが進行し、治…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事