文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

最新医療~夕刊からだ面より

医療・健康・介護のニュース・解説

全身だるいキャッスルマン病…進む治療課題は高額薬剤費

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 全身のだるさや発熱、貧血、赤褐色の皮疹など、様々な症状に悩まされる原因不明の病気「キャッスルマン病」。誤診されたり、「怠けている」などと誤解されたりして、追いつめられる患者も少なくない。国内で開発された薬が2005年に登場し、治療環境が大きく改善したが、課題も多い。(坂上博)  この病気の大きな特徴は、リンパ節の腫れ。1956年に米国の病理医が、病気の存在を報告し、医師の名前が病名となった。国内…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

最新医療~夕刊からだ面よりの一覧を見る

最新記事