文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

視覚と精神、相互に影響…切っても切れない関係なのに無視される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 一般眼科や神経眼科の診療をしているうちに、視覚系の症状が改善する場合はともかく、進行したり、治療法がない、あるいはあっても後遺症が残ったりする症例の場合、心身医学的な対応が必須と考え、「心療眼科」という旗印を挙げたのです。

 心身医学とは、身体面だけでなく、心理、社会面を含めて全人的な医療を行おうとする医学領域ですが、眼科には従来そういう考え方はほとんどありませんでした。

 理由はいくつかあります。

 大脳との共働作業が必要な領域にもかかわらず、眼科は従来から眼球自体の外科的治療と薬物治療が主流であり、眼球とその周囲にしか医学の目が向かわなかったことが特に大きいと思われます。

 心療眼科が精神医学と異なるのは、前車が視覚系の不都合が前面にあるのに対し、後者は精神そのものの故障を扱います。ですが、視覚の不都合が気分障害(うつ)の症状を生じさせることはよくありますし、精神の病が視覚に影響することも (まれ) ではありませんから、両者の境界は鮮明ではありません。

 ところで、障害年金の認定基準は、視覚は「目の障害」、精神は「精神の障害」と別個に判定され、二つの問題が関連付けられてはいません。つまり、身体の病気で精神が障害されることや、精神の障害で身体も障害されることは、想定されていないのです。

 それでどういう影響を受けるかというと、一人の眼科医もしくは精神科医が、眼と精神の障害のいずれも存在していると認定して、併合(加重)認定する道がないのです。

 精神科医、眼科医が別々に障害を判定することは、認定基準の上からは一応可能にはなっていますが、実際上は患者として両方の科に通院する必然性はありません。

 なぜならば、精神科医は精神自体に病気をきたしたものに主たる関心があり、たとえば、視覚障害を契機に精神に障害をきたした場合は、その視覚障害に原因がありますから、関心は薄いです、それに対して、眼科は、視覚障害の原因になった病気には関心があっても、付随して生じた精神の症状には関心は持たないのです。

 つまり、どちらの科からも関心がもたれず、そういう方々が、原疾患の回復への道がいったん閉ざされると、もはや医療の土俵からは外れてしまいます。

 精神障害の程度がいくら高度でも、障害年金や精神障害者としても認定されないという悲惨なことになるのです。

 「精神の障害」にはうつ病や統合失調症以外の場合は、適用されにくいという現状がありますが、このような複合的な心の問題にも配慮した、言い換えれば、患者の実態に即した制度へ、抜本的な改革が求められるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事